Slack ワークフロービルダーガイド

ワークフロービルダーを使うと、Slack での定型的なタスクとプロセスを自動化できます。簡単なものから複雑なものまで自由にワークフローを作成でき、仕事に使用しているほかのアプリを連携させることもできます。


ワークフローとは?

ワークフローは、あなたとチームが Slack で毎日実行するタスクをやりやすくしてくれます。ワークフローを初めて使用する場合は、次のチュートリアルをご覧ください。


ワークフローをどう構築できますか?

テンプレートをカスタマイズする

さまざまなテンプレートを使って、よく実行するタスクのワークフローをスピーディに作成できます。テンプレートを確認するには、ワークフローギャラリーに移動します。 

  1. デスクトップで、サイドバーの  「その他」にマウスポインターを重ねます。 
  2.  「自動化」をクリックして、 「テンプレート」を選択します。 
  3. 希望のテンプレートをクリックするとプレビューが開くので、「テンプレートを使用する」を選択します。 


ゼロから作成する

その目的に関わらず、ワークフローにはトリガー(ワークフローの開始方法)とステップ(ワークフローに実行させたいアクション)という 2 つの主要コンポーネントがあります。

ワークフローを作成するチュートリアルから始めることをおすすめしますが、より詳細な手順については Slack で新しいワークフローを作成するをご覧ください。

Tip : カスタマイズ可能なテンプレートをいくつか用意していますので、情報収集やリマインダーのスケジュール設定など、一般的なタスクのワークフローをすばやく作成できます。


ワークフローを探して使用する

ワークフローは、Slack の次の場所で見つけることができます。

  • ワークフローギャラリー
    デスクトップで、サイドバーの 「その他」にマウスポインターを重ね、 「自動化」をクリックします。 「ワークフロー」を選択し、ワークスペースまたは Enterprise Grid オーガナイゼーションのすべてのワークフローを閲覧します。
  • 検索
    デスクトップの場合は、検索バーをクリックします。ワークフロー名を入力し、表示されたリストから該当するものを選択します。モバイルの場合は、「検索」をタップし、「ワークフロー」をタップします。 
  • 会話の詳細
    チャンネルまたはダイレクトメッセージ(DM)で共有されているワークフローを表示するには、会話の名前をクリックまたはタップします。デスクトップの場合は、「インテグレーション」をクリックします。モバイルの場合は、「ワークフロー」をタップします。 
誰がこの機能を利用できますか?
  • デフォルトでは、ワークスペースのメンバーなら誰でもワークフローを作成でき、メンバーとゲストがそれらのワークフローを利用できます
  • 有料プランでご利用いただけます。