ワークフロービルダーガイド

この機能を使えるのは誰?
  • メンバー全員 (デフォルト)
  • スタンダードプラスEnterprise Grid の各プラン

ワークフロービルダーは、定型的なプロセスを Slack でのワークフローへと簡単に変換できるツールです。ワークフローは、複数のステップからなるタスクやプロセスが自動化されたものを指します。

デフォルトではゲスト以外、ワークスペースのメンバーなら誰でもワークフローを作成できます。ワークフローを公開すると、ゲストや共有チャンネルに参加している外部の組織のメンバーを含め、チャンネルのメンバー全員が使用できるようになります。

 

ワークフローの例

業務の性質にかかわらず、Slack で次のようなワークフローを作成して作業を合理化することができます。

💡ワークフローライブラリの完全版は Slack Tips から参照できます。

Tip : ライブラリからワークフローをダウンロードし、ワークフロービルダーにインポートすればチームで使用することができます。

 

ワークフローを作成する

ワークフロービルダーの基本

  • ワークフローは、トリガーと、それに続いてタスクを完了するための一連のステップで構成されます。
  • ワークフローの作成者は、コラボレーターを追加してワークフローの管理と改善に協力してもらうことができます。
  • メンバーがワークフローを作成できるかどうかは、ワークスペースの設定によって異なります。

ワークフローのアイデアを思いついたら、Slack デスクトップアプリでそのワークフローの作成を開始します。ワークフローを公開する際には、チャンネルのトピックに簡単な説明を追加しておけば、メンバーにワークフローの内容が伝わりやすくなります。

詳しい手順は、ワークフロー作成のガイドを参照してください

 

ワークフローを起動する 

チャンネルにワークフローが追加されている場合、そのチャンネルのメンバーは Slack デスクトップやモバイルアプリからワークフローを起動することができます。ワークフローの設定に応じて、チャンネルの アクションメニューからメンバーがワークフローを起動できる場合と、メンバーのアクションに基づいて (チャンネルへの参加や絵文字リアクションの使用など) ワークフローが自動で起動する場合もあります。

 

ワークフローの作成を管理する

スタンダードプランとプラスプランでは、ワークスペースのオーナーと管理者はワークフローの作成権限を「オーナーと管理者のみ」、または「オーナー、管理者と一部のメンバー」に制限することができます。

Enterprise Grid プランでは、OrG オーナーと管理者はオーガナイゼーション内のすべてのワークスペースについてワークフロービルダーを無効にすることができます。ワークフロービルダーが有効にされている場合、OrG オーナーと管理者は、アクセスを規定する OrG 全体のポリシーを設定したり、個々のワークスペースのオーナーと管理者にワークスペースレベルでのアクセス管理を許可することができます。

詳細は、ワークフロービルダーのアクセスと権限を管理するを参照してください。