Microsoft Outlook Calendar と Slack を連係させる

Slack で Microsoft Outlook Calendar アプリを使えば、以下のようにワークスペースから直接 365 Outlook 予定表を確認できるようになります。

  • 予定表に基づいて Slack のステータスを自動更新する。
  • イベントの通知に返信したり、詳細が変更された場合にお知らせを受け取る。
  • イベントリマインダーから Skype、Zoom、Webex のビデオ通話に参加する。

注意 : Slack と Outlook Slack と Outlook Calendar アプリを連携して使用できるのは Office 365 のみです。アプリはオンプレミスの Microsoft Exchange には対応していません。


Slack とカレンダーを連携させる

ステップ 1 : アプリをインストールまたは開く

  1. デスクトップから、左サイドバー最下部の「App」に移動します。
  2.  (プラスアイコン) をクリックします。
  3. Outlook Calendarを検索します。

    ✋まだアプリをインストールしていない場合には、「Slack に追加」をクリックして Slack App ディレクトリに移動し、手順に従ってアプリをリンクします。

    👍すでにアプリがインストールされている場合には、「Slack で開く」をクリックします。


ステップ 2 : Slack で Outlook Calendar を設定する

Slack とのリンクが完了すると、Outlook Calendar が左サイドバーの App の下に表示されます。次の手順で設定を完了します。

  1. 左サイドバーで Outlook Calendar をクリックしてアプリを開きます。
  2. 「ホーム」タブから「アカウントを連携させる」をクリックし、表示される手順に従います。 
  3. Slack で Outlook Calendar アプリへ戻ります。
  4. 「メッセージ」タブを開き、「このカレンダーを使用する」をクリックして Outlook アカウントの連携を完了します。 

アカウントを接続すると、Slack に予定表の通知が届くようになります。通知の重複を防ぐには、Microsoft サポートでメール、デスクトップやモバイルデバイスで Outlook Calendar の通知設定を変更する方法を確認してください。


Slack で Outlook Calendar を使う

スケジュール全体を表示する

「ホーム」タブにイベントとその詳細を表示する Outlook Calendar アプリ

「ホーム」タブから「Today (今日)」または「Tomorrow (明日)」をクリックして今後の予定を確認します。「Select a date (日付を選択)」 を選択して、特定の日付のイベントをすべて表示することもできます。

詳細を確認するには、イベントの右側の  (3 つのドットアイコン) をクリックします。「View event details (イベントの詳細を表示)」を選択すると、場所、参加者一覧や説明を確認できます。

Tip : 「メッセージ」タブに /ocal today/ocal tomorrow などのスラッシュコマンドを入力して日々のイベントを確認することもできます。

注意 :  Slack モバイルアプリで Outlook カレンダーを使用している場合、現時点では「ホーム」タブは表示されませんが、間もなく利用できるようになる予定です!


Slack のステータスを自動更新する

Outlook Calendar アプリは、主に使用する予定表をもとに Slack のステータスを、「会議中」、「リモートで作業中」、「外出中」のオプションのいずれかに自動的に設定します。alt会議中に設定されたメンバーのステータスを表示する Slack の Outlook Calendar アプリalt

その際、以下の点を考慮してください :

        • Slack のステータスはいつでも削除・更新ができます。ユーザー本人が設定した内容をアプリが上書きすることはありません。
        • 参加を承諾した会議のみが Slack のステータスに反映されます。ステータスには会議の名前は含まれません。
        • Slack は、リンクした Outlook アカウントのメインの予定表だけと同期します。
        • 重複するイベントがあり、イベントの時間が異なる場合は、長い方に合わせてステータスが設定されます。ただし、イベントの開始時刻や終了時刻が異なる場合は、開始時刻が早いものに合わせてステータスが設定されます。

Tip : ステータスの同期を管理するには、「ホーム」タブをクリックし、「設定」を選択します。その後、ステータスの同期をオンまたはオフに切り替えます。


通知設定を変更する

特定の通知のオン / オフの切り替えなど、Slack 内で Outlook Calendar の通知設定を変更することができます。手順は以下の通りです。

  1. 左サイドバーの App 項目で Outlook Calendar を選択します。
  2. 「ホーム」タブから右上の「Settings (設定)」をクリックします。
  3. カレンダーの下の「Notification Preferences (通知設定)」をクリックします。
  4. 通知設定を変更し、「Update (更新)」をクリックします。
  5. 「Done (完了)」をクリックして保存します。

Tip :  「メッセージ」タブの /ocal スラッシュコマンドを使用して設定を変更することもできます。

 

予定表のリンクを解除する

  1. 左サイドバーの App 項目で Outlook Calendar をクリックします。
  2. 「ホーム」タブから右上の「Settings」をクリックします。 
  3. 連携を解除するカレンダーの下の「Disconnect Calendar (カレンダーの連携を解除する)」をクリックします。 
  4. 「Yes (はい)」をクリックして確定します。 

Slack で Microsoft Outlook Calendar アプリを使えば、以下のようにワークスペースから直接 365 Outlook 予定表を確認できるようになります。

  • 予定表に基づいて Slack のステータスを自動更新する。
  • イベントの通知に返信したり、詳細が変更された場合にお知らせを受け取る。
  • イベントリマインダーから Skype、Zoom、Webex のビデオ通話に参加する。

 

設定による影響

  • Slack と Outlook Calendar アプリを連携して使用できるのは Office 365 のみです。アプリはオンプレミスの Microsoft Exchange には対応していません。
  • 現時点では、オンプレミスの SharePoint インストールや Microsoft National Cloud 環境 でホストされた Office 365 プラン (Office 365 U.S. Government、Office 365 Germany および 21Vianet 中国運営の Office 365 を含む) には対応していません。


Slack とカレンダーを連携させる

ステップ 1 : アプリをインストールまたは開く

  1. デスクトップから、左のサイドバーの App をクリックします。
  2. Outlook Calendar アプリを検索して選択します。 

    ✋まだアプリをインストールしていない場合には、「Slack に追加」をクリックして Slack App ディレクトリに移動し、手順に従ってアプリをリンクします。

    👍すでにアプリがインストールされている場合には、「Slack で開く」をクリックします。


ステップ 2 : Slack で Outlook Calendar アプリを設定する

Slack とのリンクが完了すると、Outlook Calendar アプリが左サイドバーの  App 項目に表示されます。次の手順で設定を完了します。

  1. 左サイドバーの App をクリックします。 
  2. Outlook Calendar アプリ を検索して選択したら、アプリを開きます。
  3. 「ホーム」タブから「アカウントを連携させる」をクリックし、表示される手順に従います。 
  4. Slack で Outlook Calendar アプリへ戻ります。
  5. 「メッセージ」タブを開き、 「(この予定表を使用する」をクリックして Outlook アカウントの連携を完了します。 

アカウントを接続すると、Slack に予定表の通知が届くようになります。通知の重複を防ぐには、Microsoft サポートでメール、デスクトップやモバイルデバイスで Outlook Calendar の通知設定を変更する方法を確認してください。


Slack で Outlook Calendar を使用する

スケジュール全体を表示する

「ホーム」タブから「今日」または「明日」をクリックして今後の予定を確認します。「Select a date (日付を選択)」 を選択して、特定の日付のイベントをすべて表示することもできます。

詳細を確認するには、イベントの右側の  (3 つのドットアイコン) をクリックします。「View event details (イベントの詳細を表示)」を選択すると、場所、参加者一覧や説明を確認できます。

Tip : 「メッセージ」タブに /ocal today/ocal tomorrow スラッシュコマンドを入力して日々のイベントを確認することもできます。

注意 :  Slack モバイルアプリで Outlook カレンダーを使用している場合、現時点では「ホーム」タブは表示されませんが、間もなく利用できるようになる予定です!


Slack のステータスを自動更新する

Outlook Calendar アプリは、主に使用する予定表をもとに Slack のステータスを「会議中」「リモートで作業中」「外出中」のオプションのいずれかに自動的に設定します。

その際、以下の点を考慮してください。

  • Slack のステータスはいつでも削除・更新ができます。ユーザー本人が設定した内容をアプリが上書きすることはありません。
  • 参加を承諾した会議のみが Slack のステータスに反映されます。ステータスには会議の名前は含まれません。
  • Slack は、リンクした Outlook アカウントのメインの予定表だけと同期します。
  • 重複するイベントがあり、イベントの時間が異なる場合は、長い方に合わせてステータスが設定されます。ただし、イベントの開始時刻や終了時刻が異なる場合は、開始時刻が早いものに合わせてステータスが設定されます。

Tip : ステータスの同期を管理するには、「ホーム」タブをクリックし、「設定」を選択します。その後、ステータスの同期をオンまたはオフに切り替えます。


通知設定を変更する

特定の通知のオン / オフの切り替えなど、Slack 内で Outlook Calendar の通知設定を変更することができます。手順は以下のとおりです。

  1. 左サイドバーの App 項目で Outlook Calendar を選択します。
  2. 「ホーム」タブから右上の「Settings (設定)」をクリックします。
  3. カレンダーの下の「通知設定」をクリックします。
  4. 通知設定を変更し、「更新」をクリックします。
  5. 「完了」をクリックして保存します。

Tip :  「メッセージ」タブの /ocal スラッシュコマンドを使用して設定を変更することもできます。

 

予定表のリンクを解除する

  1. 左サイドバーの App 項目で Outlook Calendar をクリックします。
  2. 「ホーム」タブから右上の「設定」をクリックします。 
  3. 連携を解除するカレンダーの下の「カレンダーの連携を解除する」をクリックします。 
  4. 「はい」をクリックして確定します。