架電とは?その使い方や架電業務が必須な業種も併せて解説
コラボレーション

架電とは?その使い方や架電業務が必須な業種も併せて解説

架電とは主にビジネスシーンで使われる言葉で、電話をかけるという意味です。架電業務が必須な業種や架電業務に向いている人などについても併せて解説します。

Slack チーム一同作成2023年10月25日

ビジネスシーンで交わされる用語の中には、日常生活ではあまり耳慣れない言葉も含まれています。電話に関する用語のひとつである「架電」も、その代表例です。

今回は、架電の意味や同じ意味で使われる言葉の例のほか、架電業務の種類や必須の業種について解説します。架電業務が向いている人の特徴にも触れていますので、ぜひ参考にしてください。

架電とは電話をかけること

架電の「架」は、「橋をかける」のように使われる言葉です。橋をかけることを「架橋」というのと同様に、電話線を空中に張り巡らせて通話することを架電と呼ぶようになったと考えられます。

架電はビジネス用語として使われており、日常生活で耳にすることはあまりありません。普段は「電話をかける」と表現しているところを、「架電」と短く表現できる点が特徴です。

架電と表現する場合には、自分から電話をかけることを意味します。かかってきた電話のことを架電と呼ぶのは誤りです。

なお、電話をこちらからかけることを架電と表すのに対して、かかってきた電話を受けることは「受電」といいます。受電のほかにも「入電」「着電」という場合もありますが、いずれも受電と同じ意味です。

荷電との違い

架電と同じように「かでん」と読む言葉に「荷電」があります。荷電とは「電気を帯びること」を指す物理用語です。荷電は帯電と同じ意味です。

よって、電話をかけるという意味で「荷電」と表記するのは誤りです。メールなど文字で表記する際には、漢字を間違えないよう注意してください。

架電と同じ意味で使われる言葉

実は、ビジネスシーンでは、架電と同じ意味で使われている言葉が複数存在します。所属する組織や業種によって呼び方が変わる場合があるため、同じ意味であることを押さえておく必要があるでしょう。

電話

電話は元々電話機を表す名詞ですが、「電話する」と動詞として使うこともできます。単に「◯◯様へ電話」と表すことで、架電の意味として使われているケースは少なくありません。

通話

通話とは、電話で話をすることを表す言葉です。こちらから電話をかけて話す場合には、架電と同じ意味で使われます。

呼び出し

呼び出しは本来「その場にいない相手を呼び寄せること」ですが、電話口に呼び出すという意味でも使われることがあります。実際にその場に来てもらうのか、電話で用件を伝えるのかは、会話の流れから判断する必要があるでしょう。

発信

発信とは、情報を送り出すことを表す言葉です。本来は電話に限らず、郵便やメールといった通信手段にも使われる表現ですが、電話をかけることを指して使われるケースもあります。

架電を使った例文

実際のビジネスシーンで架電という言葉は、どのように使われているのでしょうか。よく使われる 3 つの言い回しをご紹介します。

架電の件

架電という言葉をよく耳にするのが、「架電の件」という言い回しです。電話をかけた件、電話で話した件という意味で使われます。

例えば、「先日電話でお話させていただいた件ですが」と伝えるよりも、「架電の件ですが」と表したほうがシンプルな表現で伝えられるでしょう。

架電件数

電話営業でテレフォンアポイントメント(テレアポ)を実施する際などに、電話をかける予定件数や実際にかけた件数のことを「架電件数」と呼ぶ場合があります。主に発信業務で使われる言葉です。

架電リスト

電話をかける相手先をまとめたリストを「架電リスト」と呼ぶこともあります。電話をかけるべき相手先のリストという意味です。

架電業務が必須の業種

続いては、架電業務が必須となる主な業種について紹介します。具体的な業務内容や電話が果たす役割を確認しておきましょう。

コールセンター

コールセンターでは、架電業務がメインの仕事となります。架電リストに沿って電話をかけていくため、架電件数が 1 日に 100 件を超えるケースも少なくありません。

話す内容や流れが台本のように作られているトークスクリプトに沿って商品やサービスを案内し、より詳しく話を聞いてみたいという見込み客にはアポイントを取り付けます。営業担当者の営業先を確保するうえで、非常に重要な役割を果たしている部門といえるでしょう。

なお、コールセンターの業務において架電業務は「アウトバウンド」、受電業務は「インバウンド」と呼ぶことがあります。インバウンドは問い合わせ対応など、主にかかってくる電話に対応する業務です。

保険会社

保険会社では、契約者への各種確認や新商品の案内などを電話で行うケースが見られます。契約者から質問を受けた際に答えられるよう、保険の仕組みや商品知識が必須の業務です。

保険会社によっては、架電・受電業務をコールセンターなどにアウトソーシングしているケースも見られます。

配送会社

配送会社では、配達や集荷をアプリやウェブサイト上から行えるケースが増えているものの、ドライバーとの直接のやりとりには電話が使われることがあります。お客様からの受電業務が中心となるものの、折り返し連絡する必要がある場合には架電業務が発生することがあると考えられます。

人材紹介会社

人材紹介会社は、人材を求める企業と求職者の間に立ってマッチングを行います。企業が求める人材について詳しい条件を確認する場合や、適した人材が見つかった場合の提案などが主な架電業務です。また、求職者の希望条件に合った求人を案内する際にも架電業務が発生します。

不動産会社

不動産の売買や仲介業務においては、内覧日の調整や契約時のやりとりで架電業務が発生します。入居者からの問い合わせや苦情などを受け付ける受電業務も多く発生するため、コールセンターを設置している不動産会社も少なくありません。

架電業務に向いている人

架電業務に向いているのは、どのようなタイプの人でしょうか。架電業務に必要とされる能力・資質と併せて見ていきましょう。

人とコミュニケーションをとるのが得意な人

電話対応は、人によって向き不向きがある仕事です。声だけが頼りのコミュニケーションとなることから、相手に合わせた声のトーンやテンポ、間の取り方を自然に実践できる人が適しています。

電話に限らず、日頃から人とコミュニケーションをとるのが得意で、人との会話を楽しめるタイプの人が架電業にも適しているケースが多いでしょう。人と話すことや話を聞くことが得意な人に向いている仕事です。

冷静にトラブル処理ができる人

架電業務ではマニュアルやトークスクリプトが用意されているケースがほとんどですが、場合によってはマニュアルやスクリプトには記載されていない状況に遭遇することもあり得ます。相手の言い分を丁寧に聞き取り、的確にトラブル処理を進めることが求められる業務です。

また、架電業務はこちらから電話をかけるため、相手にとっては突然電話がかかってくることになります。電話をかける相手やタイミングによっては、迷惑に思われる可能性もあるうえ、苦言を呈されることもあるかもしれません。架電業務は、そのような状況でも冷静な対応ができる人が向いている仕事といえます。

気持ちの切り替えが早くできる人

架電業務にはクレームが付き物です。場合によっては強い口調で苦言を呈されることもあるため、電話口で言われたことをいつまでも引きずっていると、精神的にきつくなってくる可能性もあります。そのため、クレーム対応が完了したらすぐに気持ちを切り替え、次の架電へと移れる人が向いているといえます。

特にテレアポの場合、一定以上の件数をこなさなければ成果も期待できないケースがほとんどです。電話をすぐに切られてしまった場合は、 1 件あたりの通話時間を節約できたと前向きに捉え、次々と架電を進めていくメンタリティが求められます。

スムーズにコミュニケーションが取れる Slack

電話は現代においても有力な連絡手段のひとつですが、そのほかのコミュニケーション手段を確保しておくことも大切です。スムーズにコミュニケーションがとれる Slack の特徴をご紹介します。

コミュニケーションの幅が広い

電話は基本的に 1 対 1 でコミュニケーションをとるためのツールです。通話の内容を当事者以外が知ることができないため、情報の共有やナレッジの蓄積、検索がしにくいのが難点です。

Slack では DM による 1 対 1 のやりとりのほか、グループチャット(チャンネル)を活用して複数名でコミュニケーションを図ることもできます。グループ内でのやりとりは参加メンバー全員が閲覧できるため、当事者以外にも常に情報が共有されるのです。

このように、目的や状況に応じて幅広いコミュニケーション方法を選択できることは、 Slack を活用する大きなメリットといえるでしょう。

ハドルミーティングを使えば電話としても利用できる

Slack には、ハドルミーティングと呼ばれる音声通話機能も搭載されています。ハドルは電話の代替機能としても活用できるため、相手と直接話したい場合に便利です。

DM やグループチャットから 1 クリックでハドルミーティングへと移行できるため、会話の流れから音声通話が必要になった際にも、コミュニケーション方法をスムーズに切り替えられます。また、ハドルミーティングなら 1 対 1 だけではなく、最大 50 人と同時に会話をすることも可能です。電話のようにも利用できることは、Slack を活用するメリットのひとつです。

ビデオ通話なら相手の顔を見ながら打ち合わせができる

Slackのハドルミーティングではビデオ通話機能も備わっています。 1 対 1 または複数名で相手の顔を見ながら話せるため、対面でのやりとりに近い感覚を得られるでしょう。

また、ビデオ通話中に画面共有機能を活用することも可能です。資料などをお互いに見ながら話せるため、相互理解を深めるうえで役立ちます。電話以上に臨場感のあるやりとりが求められる場合にも、 Slack を活用することで効果的なコミュニケーションが可能となるのです。

架電の意味や使い方を正しく知っておこう

架電はビジネスシーンで使われる特有の用語のため、意味や使い方を正確に把握しておくことが大切です。

よくある表現や具体的な業務内容を押さえて、ビジネスシーンで誤解のないやりとりができるようにしていきましょう。

よくある質問

架電は「電話をかける」という意味を表すビジネス用語です。橋をかけることを「架橋」というのと同様に、電話線が空中に張り巡らされていることを「架電」と呼ぶようになったと考えられます。架電は単に「電話」ということもあれば、「通話」「呼び出し」「発信」などと表現されることも少なくありません。なお、架電とは反対に、電話を受けることを「受電」といいます。入電・着電も同様の意味で使われるため、受電とともに架電の対義語として覚えておくといいでしょう。
架電業務が多く見られる業種として、コールセンターや保険会社、配送会社、人材紹介会社、不動産会社などが挙げられます。いずれも、見込み客や既存顧客に対して電話をかけ、営業活動や各種案内を行うことが主な目的です。業種や企業によっては、架電業務と受電業務を両方担当するケースや、受電業務の比率が高いケースも見られます。お客様とのやりとりに電話を使用する機会の多い業種では、架電業務が担当業務のひとつとなるケースが多いでしょう。

HOME > Slack 日本語ブログTOP > コラボレーション > 架電とは?その使い方や架電業務が必須な業種も併せて解説

この記事はお役に立ちましたか?

0/600

助かります!

ご意見ありがとうございました!

了解です!

ご意見ありがとうございました!

うーん、システムがなにか不具合を起こしてるみたいです。後でもう一度お試しください。

読み進める

ニュース

調査で明らかになった、残業と生産性の関係についての最新の知見

仕事時間をどのように使えば、従業員の生産性やウェルビーイング、職場での満足度を最大限に高められるのか――Slack の「Workforce Index」調査でわかった最新の知見をご紹介

生産性

チームミーティングとは?その目的やスムーズに行うポイントを解説

チームミーティングは、チーム単位で仕事を進めていくために必要な業務です。チームミーティングの目的やスムーズに進めるためのポイントを解説します。

生産性

営業生産性を高めるには?メリットや向上のポイントを解説

営業生産性の向上を考えるなら、限られたリソースで高い成果を上げる必要があります。営業生産性が低下する原因や向上させるためのポイントを解説します。

生産性

日本の労働生産性は低い?その理由と改善に向けた施策を解説

日本の労働生産性は諸外国と比べて低いとされています。労働生産性が低い理由やそれによって引き起こされる弊害、労働生産性を高める方法について解説します。