電子ブック

マーケティングチームと Slack

Slack の活用により、キャンペーンをいち早く開始・リアルタイムデータでその内容を最適化・部門の枠を超えた連携を実現するための手引き。

イントロダクション

平均的な企業では、無駄な社内コミュニケーションや会議に労働力の 20% 以上を奪われています。

マーケティングチームと Slack前年のカンフェレンス出席者リストなどの情報を探したり、デザインやコピー、予算の承認など、キャンペーンやプログラムの成功に関わる項目について進捗状況を社内で調整したり、といったことに無駄な労力と時間を割いているのです。

このハンドブックでは、マーケティングチームがキャンペーンのアイデアを出し合い、クリエイティブを管理し、より迅速に結果をイテレーション (反復による改善) につなげるための中枢ハブを Slack を使って作り上げる方法をご紹介します。チャンネルでコラボレーションを行い、既存のアプリやサービスを連携させ、Slack の多彩な機能をデプロイすることで、顧客を引き付け満足させるという重要なタスクに時間と労力を集中させられるようになります。

「Slack を活用するマーケティングチームでは、マーケティングキャンペーンを行うスピードが 16% 速くなり、実行するマーケティングキャンペーン数も 8% 多くなっています。」

The Business Value of Slack, 2017IDC Research

1.会社全体で重要な情報、社内エキスパートからのアドバイスへアクセス

会社全体で重要な情報、社内エキスパートからのアドバイスへアクセス
パブリックチャンネルは、会話の整理に役立つだけでなく、社内の全員が検索できるナレッジのハブを自動で作成します。作業の大半をパブリックチャンネルで行うように決めておけば、メンバーがキャンペーンを進める上で必要な情報 (例えば、最新の調査結果やビルボードデザインの進捗状況など) に簡単にアクセスできるようになります。

プライベートチャンネルはセンシティブな問題や機密事項を話し合うときに、ダイレクトメッセージはちょっとしたやり取りに限定して使うのがおすすめです。

「シームレスなスレッドで、プロジェクトに関わるメンバー全員がディスカッションをすぐに理解し、共通の目的に向かって進んでいくことができました。Slack のおかげで、チームとして一体化できたわけです。」

Zipcarマーケティング部門シニアマネージャーLindsay Wester

2.得た情報を素早くアクションへ変換

リアルタイムのキャンペーンデータを Slack へインポート

マーケティングチームは広範な種類のデータを引き出して、各キャンペーンで意思決定を行い、素早くイテレーションにつなげる必要があります。Slack のアプリとインテグレーションなら、他のプラットフォームやサービスから重要なリアルタイムデータをチャンネルに引き出してきてチーム内のディスカッションで活用できるため、スプレッドシートでの作業にかかる時間、異なるツールを使い分けたりする手間を賢く省くことができます。

パブリックチャンネルにデータを引き出してくることで、マネージャーや他のチームメンバーは進捗状況や成果についての最新の情報を常に知ることができます。また、アプリとログインを切り替える必要がなくなり、仕事中の遅れも出にくくなります。

マーケティングツールを Slack に連携させる

これらのアプリやサービスを Slack ワークスペースに連携させれば、チームのワークフローが 1 カ所で管理可能に。

Statsbot
Statsbot
Salesforce と Google アナリティクスの詳細レポートを引き出し、Slack で直接チームと共有できます。
AskAdStage
AskAdStage
Slack でクリックスルー率とコンバージョン率をリアルタイムでトラッキングし、キャンペーンへの力の入れ時や保留すべきタイミングを知ることができます。メッセージボックスに /Askadstage と入力すれば、Google やソーシャルメディアでのキャンペーンのアナリティクスを確認でき、すぐにキャンペーンを保留にできます。
Asana (Legacy)
Asana (Legacy)
プロジェクトトラッキングツール、Asana から最新情報を引き出して、チーム全体での共通認識を醸成し、プロジェクトを前進させましょう。タスクを作成したりコメントしたり、タスク完了のマークをつけたりがチャンネル内から直接できるようになります。
MailChimp
MailChimp
メールキャンペーンのエンゲージメント状況を確認したり、ユーザーの配信登録および配信解除についての最新情報を受信したりが可能に。メッセージスレッドを立ち上げ、チームメンバーと特定の結果についてより詳しく話し合いましょう。
marketo
marketo
マーケティングシステムにエラーが発生した際には、自動アラートを受信することができ、チャンネルで指定のシステム管理者に問題が通知されます。
Zapier
Zapier
シンプルな自動化レシピ(Zaps)を使ってより詳細なデータトラッキングを実現。Twitter の新規フォロワーに関するダイジェストを Slack で受信したり (頻度は毎日・毎週・または毎月から選択)、Instagram の写真や動画へのハッシュタグ付きメンションをトラッキングしたりできます。

ぜひこれらのアプリをワークスペースに追加してみましょう。またこれ以外にも、Slack App ディレクトリのマーケティングカテゴリーで、その他のさまざまなアプリをチェックしてみてください。

Tip: 週次のリマインダー (/remind) を自分やユーザーグループ (@マーケティング-チームなど)、チャンネル全体に送るよう設定すれば、チームメンバーが忘れずにキャンペーンの進捗状況を投稿するため、誰もが最新の情報や記録を把握できるようになります。

3.勢いを落とさず素早く承認を得て、お客様も大満足

社内エキスパートやその他貢献者、関係者と簡単につながってコラボレーションを進められるよう、これらのヒントをワークフローの例につなげていくつか説明していきます。

迅速なフィードバックと承認で、中断の無いスムーズな取り組みを

会議への招集は必要なし: 組織全体でプロジェクトに関連するチームメンバー全員をプロジェクトのチャンネルに招待して、製造プロセスを滞りなく進めましょう。絵文字を使ってすばやく返信すれば、時間の節約になるだけでなく、会話を最小限に抑えられ、チャンネルもスッキリきれいに保つことができます。

Slack ですばやくフィードバックを集める

Tip: デザインを細かく話し合う必要があるときは、Slack コールを発信して画面共有機能を使ったり、愛用のビデオ会議アプリを Slack に追加すれば、一緒に微調整や更新を行うことができます。

セールスチームと同期させ、丁寧な顧客対応を

キャンペーンにイベントやカンファレンス、ウェビナーが含まれる場合は、セールスチームに協力してもらい、招待と出欠のリストを最新の状態にしておきましょう。Salesforce のアプリをワークスペースにつなげるだけで、自動的に取引先の担当者情報を Slack に引き出してシェアすることができます。

即時の返答で印象づける

すごい!キャンペーンが正式に開始され、ユーザーからのレスポンスも入ってくるようになりました。ここで、しっかり考え抜いた返信をタイミングよく送って、ターゲットの心をつかみましょう。チャンネルに Twitter アプリを追加し、重要なユーザーのコメントや質問をリアルタイムで扱い、ライターなどのクリエイティブなメンバーからヒントをもらって、好意的で協力的かつユーモアのある返信を考えましょう。

4.共有チャンネル: 代理店、ベンダー、パートナーもチームに参加

広告代理店、PR 会社、ベンダーといった社外パートナーとのメールや電話、会議を通したコミュニケーションは、業務に不要な中断や遅延を生み出してしまうことが多々あります。そんな事態を避けるためにも、仕事を効率化させ、社外パートナーがチームの一員であると感じられるよう、共有チャンネルを立ち上げてチームの Slack ワークスペースにつなげましょう。こうすることで、より頻繁に進捗状況を伝え合うことができるだけでなく、データの検索や共有もでき、より速く結果へとつなげていくことが可能になります。

Slack の共有チャンネルを使えば、社内チームと社外ベンダーの間を瞬時に行き来することができます。共有チャンネルなしでは複数のステップが必要になるような場合も、これらチームを 1 つの会話へと招待することで、そのようなステップを排除して迅速にプロジェクトに取り組んでもらうことができます。

CreditCards.comブランド戦略およびマーケティング部門の責任者Fred Saunders

さて次は?

このハンドブックでは実に沢山の内容をご紹介させていただきました。そこで、ワークフローの合理化、プロセスのスピードアップ、チーム間での情報のアクセシビリティ向上のために、まずチームで試してみるべき点をいくつかピックアップしてみました。

  1. チャンネルの整理を忘れずに: チームや部署間のコミュニケーションを円滑かつ明確に保つには、チャンネルをきちんと整理することが欠かせません。チャンネルリストを定期的にチェックし、使わなくなった不要なチャンネルはアーカイブしましょう。ムダを減らして Slack をさらに使いやすくするには、こちらの Tip をチェック。
  2. チャンネル名を再考してみる: チャンネルすべてに適用される、一貫性のあるチャンネル命名規則はありますか?チャンネルの目的は分かりやすく表示されていますか?見つけやすく、フォローしやすくなるよう、ちょっとチャンネル名を見直してみましょう。チャンネル命名のベストプラクティスはこちらから。
  3. アプリを連携させてみる: 頻繁に使う主要サービス (アナリティクスツールなど) をチームのワークスペースに連携させて、Slack で直接データの共有や更新ができるようにしてみましょう。Slack 向けマーケティングアプリをチェック。

チャンネルの整理やアプリの連携などの詳しい Tip やハウツーガイドは、ヘルプセンターを参照してください。サポートチームに直接相談したい場合には、いつでもお気軽にメール (feedback@slack.com) にて、または Twitter (@slackhq) を通してお問い合わせください。

    脚注

    1. Michael Mankins and Eric Garton, Bain & Company, Time, Talent, Energy, March 7, 2017

    この教材は役に立ちましたか?

    0/600

    助かります!

    ご意見ありがとうございました!

    了解です!

    ご意見ありがとうございました!

    うーん、システムがなにか不具合を起こしてるみたいです。後でもう一度お試しください。