コラボレーション

Stay productive from anywhere with Slack

Learn how to keep your team together and moving forward, even while working remotely

Slack チーム一同作成2020年4月28日

Remote work poses new challenges, at least for those fortunate enough to continue working from the relative safety of their homes.

Now that the boundaries between work life and home life are effectively blurred, here’s a look at how Slack can help make this transition simpler and more pleasant, so teams can stay connected and productive.

The place for remote work

When all your communication happens in a central place, you can drive results from anywhere. Here’s a peek at how you can use Slack channels to review documents, source feedback and hit deadlines—no meetings required (unless you’ve been craving some virtual human interaction, in which case, by all means.)

Even when working remotely, teams may still need to coordinate with partners, vendors or external agencies to execute on work. Fortunately, outside teams can easily be brought into your remote workplace in Slack so you can efficiently manage your projects while reducing communication lags.

Looking for advice about remote work? Grab a cuppa and read on about how to combat video-conference fatigue, how to use Slack to host meetings, conferences and events remotely and, for the managers among you, check out our manager’s manual for remote work.

 

 

この記事はお役に立ちましたか?

0/600

助かります!

ご意見ありがとうございました!

了解です!

ご意見ありがとうございました!

うーん、システムがなにか不具合を起こしてるみたいです。後でもう一度お試しください。

読み進める

コラボレーション

ハドルミーティングの新機能と、企業での活用例を紹介

企業はハドルミーティングを活用して、時間の節約、効率の向上、より良い関係性の構築を実現

生産性

Slack の新機能 : チャンネルマネージャーの登場、アクセシビリティの改善ほか

Digital HQ の新機能で、場所に縛られない働き方がかつてないほど簡単に

コラボレーション

グループチャットツールとは?その特徴やビジネスに有効な理由を解説

組織のコミュニケーション活性化を目的とした、グループチャットツールが注目されています。特徴とビジネスに有効な理由、導入する際に押さえておきたいポイントを解説します。

生産性

スケジュール管理のメリットとは?管理方法のコツやツールを紹介

スケジュール管理で注意すべきポイントや、適切なスケジュール管理のコツを解説。リモートワーク(テレワーク)など新しい働き方の可能性を広げるスケジュール管理ツールについても紹介します。