Slack のハドルミーティングで画面共有する方法
生産性

Slack のハドルミーティングで画面共有する方法

Slack のハドルミーティングを使用すると、オフィスでするような気軽なやり取りが音声通話やビデオ通話を通して簡単にできます。有料プランのハドルミーティングでは、複数人で画面を共有することもでき、よりスピーディな意思疎通が可能です。

Slack チーム一同作成2023年3月5日

ボタンをクリックするだけで、オフィスで交わされていた会話や意見交換をデジタル空間で再現できる Slack のハドルミーティング。廊下での立ち話や隣の席の同僚とのやり取りのようなオンラインコミュニケーションが可能です。すばやく短時間で意見を交わすことで、日々の時間を節約して、チーム全体の生産性を最大限に高めることができます。

テキストコミュニケーションだけじゃない Slack のハドルミーティング

リモートワーク(テレワーク)またはハイブリッドワークを取り入れる企業が増えてきています。複雑な問題の迅速な解決や、クリエイティブな仕事のアイデア出し、メンバーの進捗確認など、チームが効率的に仕事を進めるために、新しい柔軟なコミュニケーション方法が求められるようになりました。Slack のハドルミーティングは、ビデオ会議システムとは違い、ボタンをクリックするだけでオフィスの休憩室や廊下で行っていたようなカジュアルな会話を始めることができるなど、シンプルで簡単に使えるため Slack 史上最も急速に普及しました。

同期・非同期どちらのコミュニケーションにも使える Slack の画面共有機能

対面での会話や会議、電話、ビデオ通話、オンライン会議など、相手と同じ時間に行うコミュニケーションは「同期コミュニケーション」、チャットや電子メールなどを利用して、おのおの都合の良い時間に行うコミュニケーションのことを「非同期コミュニケーション」といいます。Slack では、「同期コミュニケーション」であるハドルミーティング、「非同期コミュニケーション」であるチャンネルのやり取りのどちらでも画面共有を使ったコミュニケーションが可能です。

ハドルミーティング中、資料を見ながら会話したいときは画面共有

ビデオ通話やオンライン会議の際、資料を見ながら会話をしたい時があります。Slack のハドルミーティングでは、その場で複数の人に自分の画面を共有することができます。共有画面はハドルミーティングウィンドウに表示され、チームメンバーの画面をクリックして拡大したり、 鉛筆アイコンをクリックして画面に書き込んだりすることができます。画面を共有することで、同じファイルや資料を閲覧しながら、変更点などもリアルタイムで修正や追加をすることができ、リアルなやり取りと遜色のないコミュニケーションが可能です。

Slack ハドルミーティング
  1. 画面共有アイコンをクリックします。
  2. 共有する画面、ウィンドウ、アプリケーションなどを選択します。

非同期コミュニケーションでも使える画面共有、動画クリップ

Slack では自分の画面を共有して動画クリップを作成し、ほかのメンバーに紹介することもできます。プレゼンテーションのように資料を映しながら説明する動画を作り、Slack のチャンネルで共有します。チームのメンバーは、時間があるときに動画クリップを視聴して返信することができるので、より丁寧なフィードバックを受けることが可能です。また、ソフトウェアなどの操作方法や手順の説明に動画クリップを使えば、画面操作を見せながらの説明が可能で、動画クリップは必要な時に何回も再生することができるため、テキストだけで説明するよりもより理解しやすくなるでしょう。

Slack 動画クリップ
  1. チャンネルまたはダイレクトメッセージ(DM)から、メッセージフィールドの 「ビデオカメラ」アイコンをクリックします。
  2. 「録画する」をクリックして、共有する画面を選択します。
  3. 終了したら、「停止」をクリックします。
  4. 「完了」をクリックします。
  5. 必要なメッセージを追加して、クリップを送信します。

Slack の画面共有を活用して生産性の高いデジタル空間を実現しよう

Slack での画面共有は、「同期コミュニケーション」「非同期コミュニケーション」のどちらにも利用することができます。リモートワークやハイブリッドワークの場合でも、Slack のハドルミーティングでの画面共有や、チャンネルでの動画クリップを活用して、リアルと遜色のない円滑なコミュニケーションを取りながら、効率よくチームの生産性の向上を目指してみてはいかがでしょうか。

よくある質問

ビデオ通話やオンライン会議の際、資料を見ながら会話をしたい時があります。Slack のハドルミーティングでは、その場で複数の人に自分の画面を共有することができます。共有画面はハドルミーティングウィンドウに表示され、チームメンバーの画面をクリックして拡大したり、 鉛筆アイコンをクリックして画面に書き込んだりすることができます。
1. 画面共有アイコンをクリックします。2. 共有する画面、ウィンドウ、アプリケーションなどを選択します。共有画面はハドルミーティングウィンドウに表示され、チームメンバーの画面をクリックして拡大したり、 鉛筆アイコンをクリックして画面に書き込んだりすることができます。

HOME > Slack 日本語ブログTOP > 生産性 > Slack のハドルミーティングで画面共有する方法

この記事はお役に立ちましたか?

0/600

助かります!

ご意見ありがとうございました!

了解です!

ご意見ありがとうございました!

うーん、システムがなにか不具合を起こしてるみたいです。後でもう一度お試しください。

読み進める

コラボレーション

経営会議とは?成功させるポイントや失敗するケースを紹介

経営会議は、企業の経営方針や事業計画など、重要な役割を担っています。経営会議を開催する目的や運営に必要な基礎知識、成功させるためのポイントを解説します。

コラボレーション

営業会議とは?目的や進め方、無駄を省く方法などを紹介

営業会議は、営業活動を効果的に進めていくうえで必要です。営業会議の目的や効率的な進め方、無駄を省く方法のほか、営業会議の効果を高めるツールについて紹介します。

コラボレーション

カンファレンスとは?役割やメリットなどを解説

カンファレンスの実施には、ビジネスシーンにおいてさまざまなメリットをもたらします。カンファレンスの定義や開催するメリット・デメリット、開催の手順などを紹介します。

コラボレーション

会議にはどのような種類がある?目的や開催する際の注意点を解説

意思疎通や情報共有を図るうえで、会議は重要です。会議の目的や種類、開催する際の注意点についてわかりやすく解説します。会議に役立つツールも併せて紹介しましょう。