生産性
Slack お役立ち情報

Slack 活用術 : Slack のステータスを更新する方法

自分の状況や返信が遅くなることをチームに知らせましょう

執筆者 : Matt Haughey2022年3月20日イラスト: Pete Ryan

ランチのために離席したり、1 週間の休暇を取ったり、仕事に集中する生産的な時間を作ったり。Slack から離れる時は、Slack のカスタムステータスを使って、自分の状況を同僚に伝えましょう。Slack ステータスは、現在の仕事の状態や、休暇中の代わりの連絡先を知らせる便利な方法でもあります。

デフォルトでは、🗓会議中、🤒病欠、🏝休暇中など 5 つのステータスがあり、Slack の管理者がチーム固有のニーズに合わせてカスタマイズできます。

ほかにも、チームに伝えたい状況をそのまま表現するカスタムステータスを独自に作成することも可能です。納期が迫っていて反応が遅くなるとか、☕のために離席中などもいいですね。ステータスは 100 文字まで入力でき、好きな絵文字を使えます。

Slack のステータスを設定する

Slack のどのバージョンでも、ステータスは簡単に設定できます。コンピューターからは、サイドバーの左上にある自分の名前をクリックして、「ステータスを設定」をクリックします。モバイルアプリでは、一番下のタブバーにある「あなた」オプションをタップして、そこからステータスを直接編集します。

Slack と連携するアプリでステータスを同期する

Slack と連携するように設計されたアプリでは、ステータスを自動的に設定できます。例えば、Zenefits では休暇の追跡システムとステータスが同期されるので、有給休暇を取っていることをほかの人に知ってもらえます。また、Google カレンダーOutlook 予定表と同期すれば、会議中または空き時間が Slack に表示されます。Slack で音声通話やビデオ通話を始めると、ステータスが自動的に更新されて、終わるとステータスがリセットされます。

Slack でのステータスの見え方

選択した絵文字はメッセージや左のサイドバーのあなたの名前の横に表示されます。それを見たチームメンバーはあなたにわざわざ尋ねなくても何をしているのかすぐに把握できるというわけです。

Slack 活用術 : 絵文字にマウスポインターを重ねると、ステータスの全文が表示されます。絵文字を選択しなかった場合は、自動的に 💬 が表示され、ステータスに何か書いているとわかってもらえます。ステータスはプロフィールと、DM のメッセージフィールドにいつも表示されます。

デフォルトでは、1 日が終わるとステータスはクリアされますが、30 分や 1 時間などもっと短い間隔でも設定できます。メッセージの有効期限も設定できるので、例えば仕事に戻った時に休暇のステータスが自動的に消えるようにするのも可能です。

Slack でステータスを設定すると、チームに自分の状況や、予定の有無をさっと伝えられます。だから気兼ねなく休暇を取って楽しみましょう。Slack にステータスを設定しておけば、同僚はあなたがいつ戻るかわかるのですから。

この記事はお役に立ちましたか?

0/600

助かります!

ご意見ありがとうございました!

了解です!

ご意見ありがとうございました!

うーん、システムがなにか不具合を起こしてるみたいです。後でもう一度お試しください。

読み進める

生産性

仕事の時間をうまく管理するための 10 のヒント

時間の管理こそ、仕事の生産性を高める鍵

コラボレーション

経営会議とは?成功させるポイントや失敗するケースを紹介

経営会議は、企業の経営方針や事業計画など、重要な役割を担っています。経営会議を開催する目的や運営に必要な基礎知識、成功させるためのポイントを解説します。

コラボレーション

営業会議とは?目的や進め方、無駄を省く方法などを紹介

営業会議は、営業活動を効果的に進めていくうえで必要です。営業会議の目的や効率的な進め方、無駄を省く方法のほか、営業会議の効果を高めるツールについて紹介します。

コラボレーション

カンファレンスとは?役割やメリットなどを解説

カンファレンスの実施には、ビジネスシーンにおいてさまざまなメリットをもたらします。カンファレンスの定義や開催するメリット・デメリット、開催の手順などを紹介します。