外部との共同作業と Slack と共有チャンネルアイコン

ゲストアカウント vs. チャンネル共有

どんな組織にも欠かせない社外チームとの連携。ゲストアカウントやチャンネルを使えば、その仕事を Slack で一緒に進められるようになります。

ゲストアカウントとチャンネル

ゲストアカウント

社内メンバーと同じような感じで一緒に働いているけれど、Slack 全体にアクセスする必要のない人には、ゲストアカウントがぴったりです。

ゲストアカウントに関する注意点 :

  • ゲストアカウントは有料プランのワークスペースで使用できます。ゲストは、1 つまたは複数のチャンネルに参加できます。
  • 招待する際は通常のメンバーと同じように、招待ページを送ります。
  • プロフィール写真にアイコンが表示されます。シングルチャンネルゲストは三角形、マルチチャンネルゲストは正方形です。

ほかのオーガナイゼーションと共有するチャンネル

このチャンネルを使うと、異なるオーガナイゼーションがそれぞれの Slack ワークスペースで一緒に仕事を進めることができます。

外部のオーガナイゼーションとチャンネルで一緒に仕事を進めるメリット :

  • 外部関係者との仕事を、社内の仲間との仕事と同じくらい簡単かつスムーズに進められます。 
  • さまざまなチームが一緒に仕事を進められる共有スペースが生まれます。そこではどのチームも必要に応じてメンバーを追加できるほか、誰もが情報を追加し活用できるナレッジベースを作り上げることができます。
  • 各チームはメッセージの送信やファイルの共有ができるほか、チャンネルの履歴にアクセスすることも可能です。
  • チャンネルのメンバー同士は、ダイレクトメッセージを送信(DM)できます。相手がほかのチームに所属していても大丈夫です。

ゲストアカウントとチャンネルで迷ったら

一緒に仕事をする相手が…

  • 個人の場合 – ゲストアカウント
  • チームの場合 – チャンネル

高い管理機能と柔軟性を備えたチャンネルは、ますます多くの企業に使われています。特に、他社の複数のメンバーと一緒に仕事を進める場合にぴったりです。

ゲストアカウントとチャンネルの比較

 

 

 

 

 

 

 

 

この情報はお役に立ちましたか?

0/600

助かります!

ご意見ありがとうございました!

了解です!

ご意見ありがとうございました!

うーん、システムがなにか不具合を起こしてるみたいです。後でもう一度お試しください。