共有チャンネルアイコンで Slack と外部とのコラボレーション
トレーニング

Slack での外部とのコラボレーション

どんな組織でも、社外チームとのコラボレーションは欠かせません。Slack にはゲストアカウントと共有チャンネルがあります。チームに適したチャンネルをお選びください。

ゲストアカウントと共有チャンネル

ゲストアカウント

まるで社内メンバーみたいに密接に協力してもらっているけれど、Slack へのアクセスは一部のみで十分という人とのコラボレーションに最適です。

ゲストアカウントに関する注意点:

  • ゲストアカウントは有料プランをご利用のワークスペースで使用できます。ゲストは、1つまたは複数のチャンネルに所属することができます。
  • 通常のメンバーと同様に、メンバー招待ページからワークスペースに招待することができます。
  • プロフィール写真にアイコン (シングルチャンネルゲストは三角形、マルチチャンネルゲストは正方形) が表示されます。

共有チャンネル

異なる2つの組織がそれぞれの Slack ワークスペース内から共同作業を行うことができます。

共有チャンネルのメリット:

  • 外部関係者とのコラボレーションが、社内の同僚と一緒に作業するのと同じくらい簡単に、スムーズになります。
  • どちらのチームも、必要に応じて適切なメンバーを追加し、両チームのメンバー全員が情報を追加して活用できるナレッジベースを作り上げ、コラボレーションするための共通のスペースが使えるようになります。
  • どちらのチームもメッセージを送信したり、ファイルを共有したり、チャンネルの履歴にアクセスすることができます。
  • 共有チャンネルのメンバーは、他のチームのメンバーであっても、チャンネル内のメンバーなら誰にでも直接メッセージを送信 (DM) できます。

ゲストアカウントと共有チャンネルのどちらを作成したらいいですか?

外部でコラボレーションする相手が…

  • 個人の場合 – ゲストアカウントを利用
  • チームの場合 – 共有チャンネルを利用

コントロール強化と柔軟なコラボレーションを求めて、共有チャンネルの利用を開始する企業が増えています。他社の複数のメンバーと協力しあって業務を進める必要がある際には特に便利な機能です。

ゲストと共有チャンネルの比較

 

 

 

 

 

 

 

 

この情報はお役に立ちましたか?

0/600

助かります!

ご意見ありがとうございました!

了解です!

ご意見ありがとうございました!

うーん、システムがなにか不具合を起こしてるみたいです。後でもう一度お試しください。