リモートワークのシーンに付随する Slack による写真イラスト

どこにいても生産性とエンゲージメントを維持

シンプルに、楽しく、生産性の高いリモートワークを応援するシリーズ・第 2 弾

在宅勤務には良い面も難しい面もあります。自宅で仕事をする理由は、世界中で新型ウイルスが流行するなど想定外の状況から、仕事や家庭の都合までさまざまでしょう。

良い面は、チームとのつながりをキープして仕事を前に進めるための新しい方法を見つけられるかどうかで決まります。一方難しい面は、どこから始めるのか、何に優先的に取り組むのかを整理することです。ただ、すでに多くの人が自宅で生産性の高い仕事をしていることを考えると、皆さんにできないはずはありません。

このガイドでは、さまざまな職務レベルおよび職種において効率よくリモートワークを行うための基本をまとめてお伝えします。

この情報はお役に立ちましたか?

0/600

助かります!

ご意見ありがとうございました!

了解です!

ご意見ありがとうございました!

うーん、システムがなにか不具合を起こしてるみたいです。後でもう一度お試しください。