従業員と 4 つの異なるコミュニケーションオプションの吹き出し
コラボレーション

組織内の情報フローを管理する方法

情報フローの管理が重要な理由と、ナレッジマネジメントを強化するベストプラクティス

Slack チーム一同作成2022年2月7日

ビジネスに必要なコミュニケーションツールが増え、従業員がアクセスできるデータはかつてないほど多くなっています。このような状況では、データが過度に増加するのを防止し、コラボレーションと業務効率化を推進する強固な情報フローがあることが重要になります。ここでは、情報フローの実情と、Slack で情報フローを簡素化するためのヒントをご紹介します。

情報フローとは?なぜ重要なのか?

情報フローとは、組織における人、プロセス、システム間での情報交換のことです。従業員がさまざまな場所、デバイス、部門で働いていると、全員で認識を統一するのが難しいことがあります。強固な情報フローがあれば、そうした課題を解決できます。従業員はビジネス目標に向かって方向性を統一し、情報に基づいた意思決定を増やし、ハードではなくスマートに働くことができます。

タイマーを持っている手

情報フローの種類

情報フローの方向は、組織の規模、構造、業種などによって異なる場合があります。情報フローの主な種類には以下のものがあります。

下方向

管理職やリーダーの地位にある人が、指示や情報を下位の従業員と共有する場合です。

上方向

下位の役職の人が上位の役職の人とコミュニケーションを図る場合です。従業員から上司への月次の成果報告などがあります。

横方向

さまざまな部門間で、またはビジネスの同レベルの側面で情報交換が行われる場合です。

斜め方向

従業員が、部門をまたいで組織の異なる階層の相手とコミュニケーションを図る場合です。

情報フローに問題があることを警告するサイン

情報フローに問題があると、従業員が効果的に仕事を進めるのが難しくなり、顧客体験や収益に悪影響を及ぼす可能性があります。以下の質問に対する答えを少し考えてみてください。

  • 従業員は、仕事を素早く終わらせるために必要な資産や情報を見つけられない状態ですか?
  • 従業員は、進捗状況や傾向を追跡するために過去の記録や報告書をすぐに参照できない状態ですか?
  • 従業員は、適切な部門の適切な人に情報を提供できていない状態ですか?
  • 従業員は、会社全体のポリシーを認識していない状態ですか?

情報フローを改善するためのヒント

上記のいずれかの質問の答えが「はい」であれば、組織のナレッジマネジメントまたは情報フローに問題がある可能性があります。しかし安心してください。コミュニケーションとコラボレーションを向上させる、効果が実証済みのヒントがあります。

オープンなコミュニケーションと透明性を重視する文化を形成する

強固な企業文化の基盤には透明性があります。これは強固な情報フローについても同様です。情報が十分に共有されていれば従業員エンゲージメントは向上します。そのため、オープンドアポリシーを採用し、透明性を確保して、従業員と経営幹部の双方向コミュニケーションを促進することが重要です。

メッセージをミッションにつなげる

従業員に対して企業のバリューやミッションを明確に示し、あらゆるメッセージが企業のバリューやミッションにつながるようにします。企業の目標について、全従業員が経営幹部と認識を統一できれば、目標達成に向けて協力して仕事を進められるようになります。

重要なビジネスツールへのアクセスを向上させる

リモートワークを行う従業員はかつてないほど増えています。組織で業務上必要なアプリ、システム、ソフトウェアに従業員がアクセスできることが重要です。それができない状態では、適切な情報フローがあれば解決できるボトルネックや不満がチームにくすぶり続けてしまいます。

適切なツールを選択する

Slack のようなデジタルコラボレーションツールを使用することで、プロジェクトの進捗状況を追跡したり、直接会ったことのない従業員同士の交流を促進したりと、さまざまな方法で情報フローを改善できます。

また、さまざまな Slack チャンネルを作成すれば、他部門とコミュニケーションを図れる単一の便利なハブを従業員に提供でき、情報のサイロ化を防ぐことができます。情報フローを合理化しながら従業員エンゲージメントと業務効率を高めるチャンネルには、次のようなものがあります。

  • #社内のナレッジ : 従業員は、業界のニュースや記事を共有したり、自分の担当以外のビジネスの側面に影響するトレンドを学習したり、スキルを研鑽したりできます。
  • #表彰 : 同僚への感謝に特化したチャンネルがあれば、従業員は自分の価値や評価を感じることができるだけでなく、組織のほかのメンバーの仕事の内容を把握できるようになります。
  • #社内通知 : 従業員に定期的にお知らせを発信できます。私たち Slack では全社的に #announcements-global チャンネルを使用しています。このチャンネルでは、社内のコミュニケーションチームが、各部門の責任者から得たニュースダイジェスト、自社の統計情報、全社員に影響する重要な期限、その他の貴重な情報を毎週共有しています。

Slack で組織の情報フローを最適化する

現在のビジネス環境で成功するには、従業員がアイデアを共有し、意思決定を行い、仕事を素早く正確に進められる必要があります。Slack を使用すると、適切な人に適切な情報を提供できます。そのため、情報フローの不備を原因とするデータの過度な増加や、コストのかかるボトルネックを回避できます。

この記事はお役に立ちましたか?

0/600

助かります!

ご意見ありがとうございました!

了解です!

ご意見ありがとうございました!

うーん、システムがなにか不具合を起こしてるみたいです。後でもう一度お試しください。

読み進める

ニュース

新しくなったワークフロービルダーで、あらゆる人に自動化の力を

新しい自動化機能により、技術的な専門知識がなくても、強力なワークフローを作成できます

生産性

インテリジェント プロダクティビティプラットフォームとしての Slack に力を与える新たな機能

今年の Dreamforce で発表される Slack の新機能の一部をご紹介

変革

見過ごされがちなツールが、Salesforce の IT 部門の変革に貢献

Slack クリップで、チームの時間を節約し、メンバーのエンゲージメントを向上

生産性

Salesforce の営業リーダーが実践!Slack で信頼を築き、生産性を高める 3 つの方法

企業が AI と自動化を活用して、従業員の連携力を高め、顧客とのつながりを深める方法とは