成功するチームコラボレーション
コラボレーション

チームコラボレーションの成功に必要な 10 の戦略

透明性、柔軟性、生産性を高めるツールと戦略でチームを強化

Slack チーム一同作成2021年9月12日

チームのコラボレーションを大多数のマネージャーが望む形で成功させることは、簡単なことではありません。しかし、それは利益よりも人々を駆り立てる目標になります。優れたチームコラボレーションは企業文化を強化し、職場の生産性も高めます。

さまざまな背景や個性から成るチームでは、意見やスタイルに違いがあるのは当然のことです。しかし、そのような要因に加え、役割分担が不明確であったり目標に対する意思疎通が不十分であったりすると、コラボレーションが阻害されることがあります。そのため、全員が効果的に連携するための戦略的な方法を前もって計画する必要があるのです。

チームコラボレーションとは?

チームコラボレーションとは、人がグループとして共通の目標に向かって取り組むことです。グループが直接一緒に仕事をすることもあれば、ほかの部門や社外のパートナーと連絡を取り合って連携することもあります。

多くの企業がリモートワークやハイブリッドワークの導入に踏み出した今、効果的なコラボレーションの重要性はかつてないほど高まっています。そのためには役割と責任を明確にし、さまざまなことについてどのようにコミュニケーションをとり、決定するかの指針を示すなど、あらかじめ綿密に戦術を組み立てておく必要があります。

チームメンバーがどこにいるかにかかわらず、優れたコラボレーションは多くの場合、プロジェクトの成功に欠かせない秘策なのです。

目覚まし時計から吹き上がる紙吹雪

優れたチームコラボレーションとは?

まず、自由に議論や決定、質問ができる複数のコミュニケーションチャネルを備えた強固な基盤を構築する必要があります。明確な目標や計画を共有しても、全員がそれを同じように理解するとは限りません。特定のグループやプロジェクトにとってチームコラボレーションの成功とはどのようなものか、全員が同じ認識を持っていることを確認しましょう。これは、リモートかオフィスにいるかにかかわらず同じように適用される必要があります。優れたチームコラボレーションを実現するにはどの要素を優先させればよいのかを把握するために、個々のニーズを洗い出しましょう。

1. 目標の共有

明確な目標がなければ、チームとしての生産性を高めるのは不可能も同然です。リーダーの仕事は、一体となって最終的に何を達成しようとしているのかチーム全員が理解していることを確認することです。そうすることで、議論や決定がスムーズにまとまり、スコープに収まるようになります。

2. 各メンバーの役割の理解

コラボレーションがすぐに失敗してしまう原因の 1 つは、個人の責任に関する混乱です。各担当者は、短期的、長期的な役割と成果物を明確に理解する必要があります。そうすることで、労力の重複や大事なタスクの抜け漏れを防ぐことができます。

3. 対面およびオンラインでのやり取り

さまざまなコミュニケーションの機会やチャネルを用意し、担当者、リーダー、メンバーに「オープンドアポリシー」を奨励します。意思決定者と常に話せる環境ではフィードバックが活発になり、結果的に信頼関係が生まれて仕事が加速します。ミーティング以外でのやり取りは、対面でもオンラインでも、明確なチャネルとガイドラインを設定しましょう。

4. チームワーク志向のリーダー

成功を収めているマネージャーは言葉と行動の両方でリードします。コラボレーションが最も効果を発揮するのは、マネージャーが率先する時です。マネージャーは明確かつ合理的な期待を設定し、フィードバックに対してオープンな姿勢を示し、自らが設定したプロセスやコミュニケーションチャネルに参加することで、チームの基調を定められます。

5. 信頼できるチームコラボレーションソフトウェア

ハイブリッドな職場環境やグローバルなチームが増加するなか、チームワークの効果を発揮するためにはテクノロジーを利用することが不可欠です。Slack のようなコラボレーションツールがあれば、チームメンバーはどこからでもリアルタイムで自由にコミュニケーションが取れるようになります。さらに重要なことは、複雑に絡み合うコラボレーションを実現するために整理された空間を作り出せることです。チャンネルでチームを整理し、共有ドキュメントにオンデマンドでアクセスしたり、プロジェクト専用のアプリを使ったり、その場でミーティングを開始したり、通知をカスタマイズしたりすることで、より透明で効率的なコミュニケーションを実現できるのです。

6. チームビルディングの機会

どんなグループでも、一緒にうまく仕事をするためには、ある程度の信頼と安心感が必要です。そしてそれは、チームイベント、食事、雑談などで築き上げることができます。また、日頃のちょっとしたことでも、人間関係を育むことができます。例えば、共通の趣味やミームに関するチャンネルを立ち上げる、楽しいアンケートを取る、テーマデーや商品名コンテストを開催する、といった取り組みによって、チームはより親密になり、現実世界のなかでお互いを理解し合うことができます。

7. 新しいアイデアへの適応性

結婚と同じように、よいパートナーシップのためには、相手の話に耳を傾け、柔軟性を持ち、妥協することも必要です。真のコラボレーションとは、すべてのチームメンバーからの提案、批評、アイデアを受け入れることで成り立ちます。たとえそれが軌道修正を意味するものであったとしてもです。イノベーション(そして進化)は、しばしば根本的に異なる視点を考慮することから生まれます。これには、リーダーも含まれます。Center for Creative Leadership によると、リーダーの適応力には、認知面での柔軟性、感情面での柔軟性、そして性質面での適応力が必要だそうです。

8. コンフリクトマネジメント戦略

すべてを完璧にこなしたとしても、問題や意見の相違は出てきます。重要なことは、効果的なコンフリクトマネジメントの手法によって、そのような状況を解決し、Win-Win のシナリオを作り出すことです。

9. あらゆるレベルでの透明性

FinancesOnline の調査によると、80% の従業員が、非効率的な社内コミュニケーションにストレスを感じています。CEO や経営幹部がマネージャーやチームリーダーに何かを伝えても、ほかの従業員にはその詳細がまったく届いていないことが多いのです。逆に、従業員にすばらしいアイデアがある場合、同僚とは共有しても、リーダーと共有することはないかもしれません。
コラボレーションを最大限に効果的なものとするためには、リーダーが自分の計画や期待についてオープンにし、対面・リモートを問わずチームに一貫したメッセージを発信する必要があります。メンバー全員が手にする情報が多いほど、チームのコラボレーションはうまくいきます。

10. プロセスにおける忍耐

人間関係や信頼の構築、フィードバックの共有、良好なコミュニケーションにはすべて時間と労力がかかります。しかし、それらは報われます。そのような先行投資によって、強固なコラボレーションの土台が形成され、最終的にはよい影響がもたらされるのです。

チームコラボレーションを成功させるために、上記の戦術を活用しましょう

プロジェクトや企業の成功の背後には、コラボレーションを中心にうまく機能しているチームが存在します。しかし、どんなに人材が優秀でも、チームとしてうまく機能するには適切なツールと戦略が必要です。ここで紹介した 10 のヒントは、どのようなチーム環境においても、透明性、柔軟性、生産性を向上させるために活用できます。その他のアイデアについては、The ultimate guide to remote working team collaboration(職場での円滑なコラボレーションの究極ガイド)を参照してください。

この記事はお役に立ちましたか?

0/600

助かります!

ご意見ありがとうございました!

了解です!

ご意見ありがとうございました!

うーん、システムがなにか不具合を起こしてるみたいです。後でもう一度お試しください。

読み進める

生産性

コミュニケーションツールのメリットとは?導入のポイントも解説

コミュニケーションツールには、さまざまな種類があります。コミュニケーションツールのメリットや、デメリットとその解決策のほか、導入のポイントについて解説します。

コラボレーション

苦手な人とのコミュニケーションの改善法は?状況別のアイデアを紹介

職場で苦手な人がいる場合、コミュニケーションの方法を変えることで、その意識を変えられるかもしれません。その具体的な改善方法について紹介します。

コラボレーション

チームワークとは何か?高めるためのポイントや施策を紹介

チームワークは、企業の基盤を作り上げるうえで重要な役割を担っています。チームワークとは何なのか、チームワークを高めるためのポイントや施策とともに解説します。

コラボレーション

コラボレーションツールとは?便利な機能やメリットを紹介

コラボレーションツールは、ファイル共有やプロジェクトの進捗管理、チャット機能などを持っています。ビジネスの生産性向上に役立つ機能や、導入メリットを解説します。