コーヒーを飲みながら会話をしている 2 人の同僚
コラボレーション

ビジネスコミュニケーション媒体の例

利用できるすべてのツールを最大限活用し、社内外のやり取りを効率化

Slack チーム一同作成2022年2月7日

効果的なコミュニケーションは、従業員同士のやり取りの方法から潜在顧客にブランドを提示する方法まで、組織のあらゆる側面で重要です。

つまり、企業の成功はコミュニケーションから始まります。ここでは、ビジネスで使用されるさまざまなコミュニケーション媒体と、それらを最大限に活用する方法を詳しく確認しましょう。

ビジネスで効果的なコミュニケーションが重要である理由

強固なコミュニケーションフローがあるビジネスでは、組織の目的を達成するために全員が協力し、顧客を満足させることができます。

効果的なビジネスコミュニケーションは、サイロ化の解消、従業員への情報共有、ミスの軽減につながり、あらゆる組織の成功と成長に不可欠です。5 人中 4 人もの従業員が、効果的な社内ビジネスコミュニケーションによって仕事のパフォーマンスが向上すると考えています。それによって、収益が向上し、企業文化がより強固になり、顧客のニーズを満たすことができます。

吹き出しで会話をしている 3 人の同僚

ビジネスコミュニケーションの形式

ビジネスコミュニケーションとは、組織内外の関係者と情報を共有するプロセスです。ビジネスコミュニケーションは主に 2 種類に分類できます。

社外コミュニケーション

社外コミュニケーションには、組織から外部に発信されるあらゆるメッセージが含まれます。社外コミュニケーションの相手は、顧客、ベンダー、サプライチェーンのメンバー、投資家などが考えられます。

社内コミュニケーション

社内コミュニケーションは、組織内の関係者とのあらゆるやり取りのことです。社内コミュニケーションは、同僚同士、企業内のさまざまな部門、マネージャーと部下などの間で行われることが考えられます。

ビジネスコミュニケーション媒体

現在の職場で一般的に広く使用されているビジネスコミュニケーション媒体をいくつかご紹介します。

インスタントメッセージ

今日の環境ではビジネスのスピードが速いため、インスタントメッセージのプラットフォームが広く使用されています。Slack のようなツールでは、以下の機能を通してあらゆるビジネスコミュニケーションを一元化できるため、全員の認識を統一して迅速に意思決定を行うことができるようになります。

  • チャンネル。あらゆるプロジェクト、トピック、チームごとにチャンネルを作成できます。全員が同じ情報にアクセスできるので、チャンネル内の全員が同じ認識で仕事を進められるほか、新しく参加したメンバーもそれまでの経緯を簡単に把握できます。
  • ダイレクトメッセージ。組織のワークスペース内にいるユーザーなら誰でも、ほかのユーザーにダイレクトメッセージを送信して手軽に 1 対 1 の会話ができます。
  • Slack コネクト。社内チームと同様の方法で、ほかの企業のチームとコラボレーションができます。全員が単一の安全な共有スペースから進捗状況について話し合ったり、ファイルを共有したり、ビジネス成果を向上させたりできます。

メール

メールはビジネスで最も広く使用されているコミュニケーションツールの 1 つですが、最も誤用されているツールの 1 つでもあります。現在の従業員の多くは、毎日受信トレイに届くメッセージの数にただ圧倒されています。平均で、1 人が 1 日あたり受信するメールの数は 120 通以上です。そのため、メッセージを完全に見落としたり、メールチェーンが長くなって重要な情報を追えなくなったりすることが起こりやすくなります。

しかし、適切なビジネスコミュニケーションプロセスがあれば、そうした集中力を妨げる要素をメールから排除できます。例えば、Slack コネクトを使用することで、パートナー、ベンダー、顧客との会話をサイロ化されたメールスレッドから取り出し、社内コミュニケーションが行われるのと同じ便利な場所に移動できます。

オンライン

最近の企業は少なくともウェブサイトを持っており、いくつかのソーシャルプラットフォームを利用しています。また、ブログを運営したり、ホワイトペーパーや電子ブックなどのリソースを作成したりして業界の未来を牽引する地位を確立することで、顧客獲得を推進し、長期的なブランドロイヤルティを構築することもできます。

文章

文章形式のビジネスコミュニケーションには、従業員向けハンドブック、財務レポート、ブランドガイドライン、その他の重要なビジネスドキュメントなどがあります。これらのドキュメントは、組織の全員が目指す方向を統一し、同じ目標に向かって進むうえで役に立ちます。また、あとで簡単に見直すことができるドキュメントがあれば、進捗状況を追跡したり、成功のベンチマークとして利用したりできます。

音声

対面でのコミュニケーションは相手との関係性を築くにはよい方法ですが、リモートで働く人が増えてきて、音声やビデオによる会議が新しい標準になっています。Slack コールを使用すると、Slack を離れることなくワークスペースの誰にでも、音声通話で連絡できます。さらにプロジェクトチャンネルで Slack ハドルミーティングを使えば、同じタスクを進めるメンバー全員が音声によるライブの会話を素早く開始することができます。

ビデオ

同じ部屋で一緒に会議ができない場合でも、ビデオ会議によって対面のコミュニケーションが可能になります。Slack では任意のビデオ会議サービスをシームレスに接続し、画面を共有して簡単にコラボレーションができます。また、Slack アプリを使用するとモバイルデバイスから会議に参加することもできます。

Slack でビジネスコミュニケーションを効率化

ビジネスでの成功には効果的なコミュニケーションが不可欠です。しかし、職場で多くのコミュニケーション媒体やツールが使用されていると、全員が認識を統一してスムーズに仕事を進めるのが難しいことがあります。単一の便利なハブ、Slack でビジネス上の重要なコミュニケーションを行い、今日のコミュニケーション上の障壁を克服しましょう。

この記事はお役に立ちましたか?

0/600

助かります!

ご意見ありがとうございました!

了解です!

ご意見ありがとうございました!

うーん、システムがなにか不具合を起こしてるみたいです。後でもう一度お試しください。

読み進める

ニュース

自動化をレベルアップさせる、ワークフロービルダーの 65 の新しいコネクタが登場

コードを使わず数クリックで、ツールを連携させて作業を自動化。パートナーアプリとつながる新しい方法

コラボレーション

プロセスの自動化で生産性を向上――Salesforce マーケティングチームの取り組み

マーケティングキャンペーンの迅速な立ち上げに役立つワークフロー

コラボレーション

Slack ハドルミーティングの新機能 jukebox で待ち時間が快適に

保留中に流す楽しい音楽を選択して、チームメンバーが参加するまでの待ち時間を心地よく過ごすことが可能に

変革

Slack AI の開発秘話

Slack のプロダクト担当ディレクターがネイティブ AI ツールの開発の基本となる優先事項と価値について語ります。