コラボレーション

Adobe Creative Cloud アプリでチームのクリエイティブ業務をスムーズに

社外とのアセット共有からファイルのプレビュー、ブレストまで、すべてを Slack で

Slack チーム一同作成2020年5月28日

クリエイティブ業に携わる人にとって、頭をフル回転させてチームでアイデアを自由にやり取りする瞬間ほど充実したものはありません。メール送信のために一旦その作業を停止したりソフトウェアを切り替えたりしていては、めまぐるしく動く思考の流れが中断されるうえ、生産的な時間が確保しづらくなってしまいます。

でも新しい Adobe Creative Cloud for Slack アプリなら、チームがクリエイティブな作業に集中しやすくなります。Adobe Creative Cloud アプリのアセットに対して Slack 上で共同作業ができるようになったからです。

またインテグレーションの改善により、Slack 共有チャンネルを使った社外パートナーとの連携もさらに簡単になりました。共有チャンネルとは、同じバーチャルオフィス内で 2 つの組織をつなげる機能です。新しいアプリでは、イラストやモックアップなどのアセットを社外のコラボレーターと共有できるので、コンテキストを切り替える手間が減り、クリエイティブな作業に対する勢いを止めずに済むようになります。

「チームが仕事を進めやすくなるよう、私たちはより効率的なコラボレーションやコミュニケーションの方法、特にリモートワークで役立つものを常に探しています」と、 Adobe で Senior Director of Creative Cloud Platform and Ecosystem を務める Vijay Vachani 氏は語ります。「Slack とのインテグレーションを Adobe Creative Cloud 全体に広げたことで、クリエイティブチームは新しいコラボレーション方法を手にいれました。Creative Cloud のコンテンツ共有やアクセス管理、フィードバックのやり取り、デザインプロジェクトの最新情報の共有など、すべてが Slack 上で簡単にできるようになったのです」。

Adobe Creative Cloud アプリの新機能

最新のアプリでは、従来の Adobe Creative Cloud とのインテグレーションを Creative Cloud 製品全体に広げました。これまで Slack 上でできたのは、Adobe XD ファイルの閲覧とコメントだけでした。

新しいインテグレーションでは、Creative Cloud ストレージや Adobe XD、Photoshop、Illustrator、Acrobat、InDesign などのアプリから、ファイルの共有とプレビューが簡単にできるようになっています。

ここで、Adobe Creative Cloud for Slack アプリでできることをご紹介します。

  • Slack チャンネル内での Creative Cloud ファイルの共有と詳細プレビュー表示
  • あらゆるタイプの Creative Cloud ファイルに Slack 上でコメント
  • 新しいコメントや修正など、ファイルに対するアクティビティの最新情報をチャンネルで受け取る
  • Slack 上で、非公開の Adobe XD プロトタイプやデザインの仕様書にコラボレーターを追加

チャンネルオーナーは、Creative Cloud に保存されているコンテンツのアクティビティストリームを受け取ることができます。これにより、チームメンバーには Slack チャンネルでファイルの更新や変更が自動通知されるようになります。各ユーザーは通知をオフに設定できるので、作業の邪魔になることはありません。

Gif showing how Slack channel owners can subscribe to activity streams for content stored in Adobe Creative Cloud

共有チャンネルでもっと広がるコラボレーション

新しいインテグレーションでは共有チャンネルもサポートされるので、クリエイティブエージェンシーやフリーランスのデザイナー、コピーライターなど、社外のコラボレーターとシームレスに連携することが可能になりました。

例えば新しいブランドのキャンペーンを作る際、クリエイティブエージェンシーをプロジェクトに招いたり、モックアップを全員に共有したり、フィードバックをやり取りしたりするでしょう。これが、共有チャンネルを使うとソフトウェアアプリを切り替えなくてもできるようになるのです。すべてを Slack にまとめておけば、集中力を保ったままアイデアがもっと自由に流れやすくなるのです。

Adobe Creative Cloud アプリを使うと、チームのコラボレーションが効率化し、社外パートナーとスムーズに連携できるようになります。つまり、チームは大きな成果につながるアイデア作りにもっと時間をかけられるようになるのです。

この記事はお役に立ちましたか?

0/600

助かります!

ご意見ありがとうございました!

了解です!

ご意見ありがとうございました!

うーん、システムがなにか不具合を起こしてるみたいです。後でもう一度お試しください。

読み進める

コラボレーション

チームワークとは何か?高めるためのポイントや施策を紹介

チームワークは、企業の基盤を作り上げるうえで重要な役割を担っています。チームワークとは何なのか、チームワークを高めるためのポイントや施策とともに解説します。

生産性

生産性向上とは?そのメリットや取り組み方を紹介

企業の成長・発展を目指す上で重要なのが、生産性の向上です。生産性向上とは何か、その必要性やメリットのほか、具体的な取り組み方について解説します。

コラボレーション

ディスコミュニケーションとは?発生する原因と弊害、解消法を解説

意思伝達ができていない状態であるディスコミュニケーションは、業務に多大な悪影響を及ぼします。ディスコミュニケーションが起こる原因や弊害、解消法について解説します。

コラボレーション

コラボレーションワークとは?メリットやポイントについて解説

コラボレーションワークは、別々の企業同士や社内の別部門同士が協力して取り組むプロジェクトです。コラボレーションワークのメリットや注意点などを解説します。