チームワークとは何か?高めるためのポイントや施策を紹介
コラボレーション

チームワークとは何か?高めるためのポイントや施策を紹介

チームワークは、企業の基盤を作り上げるうえで重要な役割を担っています。チームワークとは何なのか、チームワークを高めるためのポイントや施策とともに解説します。

Slack チーム一同作成2022年12月7日

チームワークは日常的にもよく使われる言葉です。しかし、チームは企業にとって自社の組織力を構成する重要なパーツであり、そのチームが有する結束力や一体感は、企業の基盤を作り上げるうえで重要な役割を担っています。

ここでは、チームワークとは何なのか、チームワークを高めるためのポイントや施策とともに解説します。

チームワークとはメンバーが目的や目標を共有し、力を発揮すること

チームワークとは、チームに所属するメンバーが目的や目標を共有し、作業を分担、あるいは共同して行いながら、組織としての力を発揮することをいいます。

ビジネスでは、日常的な業務の遂行からプロジェクトの推進に至るまで、さまざまな局面でチームワークが必要です。チームに所属するメンバー同士が連携し合ってそれぞれの強みを発揮し、弱点もまた補うことで、組織としての力を最大化させることが可能になります。

多様なメンバーを活かしたチーム作りに欠かせないポイント

同じ目的や目標を持っていたとしても、人が複数集まれば、時には摩擦が生じます。特に近年は、ジェンダーや国籍、文化背景が異なる人など、多様性に富んだ環境で仕事をしているという人も多いでしょう。

そうした環境においては、さらにチームワークが重要です。

そこで、多様なメンバーそれぞれが持つ特性を活かしたチームを作り上げるために押さえておきたいポイントをご紹介します。

組織のビジョンやミッションをチームに浸透させること

ジェンダーや学歴、文化的背景が異なっていると、コミュニケーションやチームワークの形成に困難が生じると考える人もいるかもしれません。しかし、その企業が実現したいことや価値観を新しい共通項にすることで、スムーズなコミュニケーションや、チームワークの形成の一助となります。

そのためにまず行いたいのは、組織のビジョンやミッションをチームに浸透させることです。一番おすすめの方法は、トップからの発信を増やすこと。目指す方向がクリアになることで、メンバーも「その実現のためにどうすればよいか」という観点で行動できるようになります。その際、多様性のあるメンバーがそろっている職場ではアイデアの幅が広がるため、より良い成果を生むかもしれません。

また、企業文化の醸成も大切です。その企業のバリューや行動指針を共有することで、たとえ個人の属性や拠点が異なっても、「仲間」としての意識を醸成することができます。そうすることで、メンバー同士に信頼が芽生え、いいチームワークを作り上げることができるでしょう。

チームで共通の目標に落とし込み、役割を明確にする

企業のビジョンや方針を浸透させるのと同時に大切なのは、チームのレベルで目標を共有することです。それにより、同じ価値観にもとづいて大きなものを目指す仲間が、具体的・短期的なものを一緒に目指すチームとしてまとまり、チームワークを発揮できるからです。

チームで共通の目標を持ったら、各メンバーの役割を明確にしましょう。そのために大切なのは、全体の流れをいつでも見えるようにしておくことです。そうすることで、個人が判断し、自発的に動けるようになります。

また、その際、誰がどういう役割なのかを「見える化」しておくことも大事です。役割が曖昧な人がいない状態にすることで、より効率的で機動力の高いチームワークが生まれます。

チームワークの妨げとなる情報格差を生まない

多様性のあるチームのコミュニケーションで気をつけたいのは、メールに代表されるような閉じた会話をやめることです。背景や拠点、立場がさまざまな人が一緒に働くという前提を忘れず、いつでも誰でも同じ情報にアクセスできるようにすることが大切です。こうすることで、全員が平等に情報を持つようになり、チームワークがスムーズに進みます。

また、国籍や文化背景の違うメンバーがいるチームでは、情報格差があるといらぬ誤解を生むことがあります。「大事な情報が日本人だけで共有されている」「男性だけで決めている」など、たとえ意図していなくても差別的な行為と受け取られてしまったら、メンバー同士の不信感を生みかねません。

このような事態を招かないよう、オープンな場所で、文字ベースの会話を行い、誰でもその内容を閲覧・検索できるようにしておくことが重要です。

空気を読んでもらおうとしない

属性や背景が異なると、物事の解釈の仕方も異なります。お互いの「こういう場合は普通こうするだろう」という感覚は通じません。相手が自分の期待したように動いてくれる可能性は低いと思っておいたほうがいいでしょう。

多様性のあるチームで控えたいのは、そうした「行間や空気を読んでほしい」という期待です。相手にしてほしいことは、きちんと言葉で伝えることが大切です。

ここでも、文字ベースにしておくと、例えば母国語の違う相手と会話するときでも認識をそろえやすく、働く時間帯の異なる相手とも時間を無駄にせずにコミュニケーションすることができます。

「文字でのコミュニケーションは冷たくなる」「雰囲気が伝わらず、必要以上にきつく聞こえる」などと心配な場合は、絵文字や GIF などを活用すると、やりとりに人間らしい温かみを加えることができます。

チームワークを高めるメリット

チームワークで組織としての力を最大化させると、どのような効果が得られるのでしょうか。企業にとってチームワークを高める主なメリットを見ていきましょう。

困難な目標を達成できる

個人や、個人の集まりであるグループでは、達成困難な大きなミッションに取り組めるという点がメリットです。

目標を共有し、お互いにコミュニケーションしながら協力体制を作り、それぞれの能力を組み合わせて業務を進めることで、掲げた目標に到達できる可能性が高まります。

業務効率化、生産性向上が進む

メンバーの役割分担や能力の最適な組み合わせを考えることで、業務効率化を進められるのも見逃せないメリットです。特定の個人に負荷がかかりすぎないよう調整する、コミュニケーションによるサポートを徹底するなどして、より多くのタスクを組織的に、円滑かつ迅速にこなせるようになるでしょう。業務効率化を突き詰めれば、多くのケースで生産性向上も実現でき、企業の収益力向上にもつながります。

客観性や柔軟性を得られる

チームのメンバーが各自の視点から物事を考え、意見を交わすことができるというのもチームで活動するメリットです。十分なコミュニケーションをとることを怠らなければ、チーム全体で多角的な考え方や、客観的な視点が得られるようになります。その結果、冷静な判断にもとづく意思決定と、問題が生じた時の柔軟な対応もできるようになるでしょう。

モチベーションアップ

チームワークの強化は、メンバーのモチベーションを上げる効果ももたらします。仲間の存在から得られる安心感や心強さ、絆などは、仕事をするうえで大きな力になります。同じ目標を持ち、協力体制を整え、結束力が生まれれば、仕事に対する意欲も増していきます。

従業員エンゲージメントアップ

チームワークにより信頼関係が構築されると、組織に対する愛着が深まり、従業員エンゲージメントが向上することも期待できます。エンゲージメントアップは企業への帰属意識や理念・ビジョンへの共感を生み、人材の定着を促します。最終的には収益性向上のための大きな原動力ともなるでしょう。

チームワークの強化と従業員エンゲージメントの向上には密接な関係があり、両者のポジティブな結びつきは企業にとって理想的な状態です。

情報・ナレッジ・ノウハウ共有の推進

チームでの活動が活発化すれば、情報・ナレッジ・ノウハウの共有化も進みます。メンバーが欲しい情報やナレッジに最短でアクセスできるようになれば、仕事は格段にやりやすくなるでしょう。また、ノウハウの共有は仕事の属人化防止にも役立ちます。これらにより、チーム全体の力が高められるのです。

チームワークを高めるために欠かせない 4 つのポイント

チームワークの向上は、企業にとって魅力的です。では、チームワークはどのようにして高めればいいのでしょうか。チームワーク強化のために、「これは押さえておきたい」というポイントを 4 つご紹介します。

コミュニケーション手段の確保

チームワークを高めるために欠かせないのが、チーム内でのコミュニケーションを円滑にする環境の整備です。いわゆる報連相をはじめ、ミーティングや会議、情報共有のための手段をしっかりと確保しておく必要があります。

また、リモートワーク(テレワーク)が普及している現在では、チームメンバーが同じオフィス内にいるとは限りませんし、社外のパートナー企業のスタッフともチームを組むケースも増えています。そのため、対面でのコミュニケーションだけではなく、ビジネスチャット、ウェブ会議システム、社内 SNS といった非対面のコミュニケーションツールを活用する企業も増えているのです。

目標の明確化と共有

チームが目指している目標の明確化と共有も、チームワークを高めるために不可欠です。全員が目標を共通認識として持っていなければ、各人の力も発揮できません。また、目標をどのようにして達成していくのかというロードマップを、随時示していくことも必要です。

チームマネジメントとタスクマネジメント

チームには、リーダーやマネージャーが必要です。チームワークを正しく機能させるには、チームリーダーが目標を掲げて方向性を示すとともに、チームメンバーを適切に管理・鼓舞することが求められます。メンバーがそれぞれ持ち前の能力を発揮できるよう配慮し、タスクの割り振りを考えて指示するのもチームリーダーの役割です。

適材適所と役割分担

チームワークを高めるためには、どのようなメンバーでチームを構成するかというのも重要なポイントです。人員配置は人事が担う仕事であり、事業戦略などとも密接に関わってきます。チームワークを高めたいと考えるなら、どのような人材を組み合わせれば適材適所が実現できるのかを慎重に見定めなければなりません。

また、チームに加わったメンバー自身も、チーム編成やほかのメンバーとのバランスを見ながら、自身に何が求められているのか、最も注力すべきことは何なのかを考えながら、役割を果たしていく必要があります。

チームワークを高めるための施策

続いては、チームワークを高めるのに有効な施策についても見てみましょう。紹介する施策がすべてではありませんが、メンバーの能力を引き出したり、チームの結束力を強めたりしたい時に参考になります。

タレントマネジメント

人材配置の最適化を図り、人材育成も視野に入れながらメンバー一人ひとりが高いパフォーマンスを発揮できるよう環境を整えるために行うのが、タレントマネジメントです。

これらを成功させるには、チームに加える人材がそれぞれどんな能力や経験を持っているのかを情報として把握・管理する必要があります。また、本人の仕事に対する考え方、描いているキャリアプラン、性格なども加味して人員構成を考えるべきです。

タレントマネジメントは、チームワークを高めるベースとなると同時に、個人の意向をできる限りくむことで、働く環境の整備や従業員エンゲージメントの向上にも役立ちます。

リーダーシップ研修

チームリーダーの育成も重要な課題です。チームリーダーとなるには経験を積む必要があるため、ある程度の業務に従事する期間が必要です。しかし、社内外のリーダーシップ研修を実施することで要点を把握でき、育成期間を短縮できるでしょう。最近は、オンライン研修も充実しています。

1 on 1 ミーティング

1 on 1 ミーティングとは、上司と部下が定期的に行う 1 対 1 の面談です。部下が普段の業務で悩んでいることや、自身の課題などについて話します。ミーティングの際は、上司は部下の話に対して傾聴・共感することに徹するのが基本ルールです。要望がない限り、問題を解決するのは本人の主体性に任せて、自律的成長を促します。

チームコミュニケーション活性化

コミュニケーションの活性化は、チームワーク強化にストレートに結びつきます。チーム内で発言しやすい雰囲気を作り、会話の機会を増やすような工夫をすることが望まれます。

コミュニケーションを活性化するには、前述したコミュニケーションツールの導入も含まれますが、下記のような施策があります。

  • メンター制度

直接の上司以外の先輩社員が、メンターとなって若手社員をサポートする制度もあります。このメンター制度により、現場レベルでの日常的な相談、課題のヒアリング、指導が可能になります。

  • フリーアドレス制

フリーアドレス制は、オフィス内の従業員のデスクを固定せず、ノートパソコンなどを使って自由に仕事をする場所や席を選べるワークスタイルです。自由な雰囲気を作り出すことができ、テレワークとも親和性が高いという特徴があります。

  • 社内イベント

新年会や忘年会、社内運動会、社員旅行など、業務外の社内イベントを行うこともチームワークを高めるために効果的でしょう。最近はオンラインの飲み会やクイズ大会、パーティーゲームなどを実施する企業も増えています。

  • 社内サークル

社内サークルとは、有志による社内のサークル活動です。学校のクラブ活動に似た運動系や文化系が中心ですが、もっと趣味性の強いサークルもあるようです。

  • リフレッシュスペース

オフィス内に、休憩や社内交流に使えるリフレッシュスペースを設ける企業が増えてきています。カフェを思わせるようなリフレッシュのために自由に使えるテーブルと椅子があるだけで、社内の雰囲気が変わることもあります。

チームワーク向上のためにチームのリーダーが行いたいこと

チームワークの向上は、チームのメンバー同士の協力が不可欠です。そして、チームのリーダーがしっかりとメンバーの状況を確認し、それぞれの適正やスキルを考慮したチームづくりが重要になります。

続いては、チームワークを向上させるために、チームリーダーが行いたいことについてご説明します。

相性を考慮に入れてチームを作る

チームワーク向上を目指すなら、まずはメンバーのスキルや相性について考えることが大切です。業務の遂行において最も重要なのは、「誰が行うか」ではなく「メンバーがどのようにコラボレーションするか」ということです。チームの「集団的知性」、つまり各メンバーの知識と才能を発揮させてチームワークの向上が実現するのです。

相性の良いメンバーたちがいっしょに業務に取り組む際には、メンバー全員が合意できるようなルールを作ることで、チームワークはさらに向上するでしょう。

チームのコラボレーションの現状を把握する

多様なスキルを持つメンバーを集めても、適切にコラボレーションできなくては意味がありません。チームのリーダーは、常にチームがうまく機能しているかどうかを把握しておくことが重要です。

仕事量と役割に対する期待を明確にする

チームを効率的にまとめ、チームワークを向上させるには、チームリーダーがメンバーに「明確な期待値」と「役割定義」を示す必要があります。

プロジェクトがスムーズに進んでいたとしても、メンバーが仕事の負担が大きいと考えているようであれば、いずれ破綻するかもしれません。

リーダーがチームに対して、業務に関する期待値を伝え、役割を定義することで、メンバーそれぞれの適切な業務量を定めることができます。そうすれば、メンバーが燃え尽きてしまうことを防ぎ、チームワーク向上を実現しやすくなるはずです。

チーム内のワークフローを構築する

チームワーク向上には、メンバーの時間を有効活用することが欠かせません。チーム内でのワークフローを積極的に決めていくことが大切です。

例えば、アジェンダの形式や定期的な進捗レポートのようなルーティンワーク、さらには何かを全員で決めるときの投票方法などは、ワークフロー化しやすいでしょう。ワークフローを決めておけば報告するタイミングが明確になるため、メンバーは予期せぬタイミングで作業を中断することなく、クリエイティブな仕事に集中することができます。

細かいところまで管理しない

メンバーへの期待を明確にしてチームのワークフローを作ったら、リーダーであるあなたは一歩引くことが大切です。リーダーは、頻繁に進捗を確認するべきではありません。

メンバーが自主性を与えられていると感じると、業務に対するモチベーションも上がりやすくなります。そうすることで、短期的にも長期的にもチームワーク向上につながります。

いつでもオープンにコミュニケーションをとる

スムーズなコミュニケーションは、チームの能力を高めるための土台となります。コミュニケーションがスムーズだと、トラブルを見つけやすくなります。技術的なものから対人関係まで、トラブルの原因になりそうな問題を早急に洗い出し、解決するためにチームを巻き込み一丸となって取り組みましょう。

そのためにも、リーダーはメンバーが安心してコミュニケーションできる雰囲気を作り出す必要があります。リーダーを含めた全員が気兼ねなく話し合える環境が、チームワーク向上にとっては大切です。

チームとして努力することの大切さを認める

チームワークの向上にとって、重要な要素のひとつは従業員のエンゲージメントです。チームのリーダーは、メンバー全員がタスクに重要性を感じ、チームで取り組んでいることを意識できるようサポートしましょう。

もし、メンバーがリーダーの期待を満たせなかったときは、より丁寧なコミュニケーションを心掛ける必要があります。そして、目標を達成することの重要性を、あらためて共有していくことも大切です。

リーダーは、メンバーそれぞれが、自分の努力がチームにどう貢献しているか意識できるようにサポートすることも重要です。自分の貢献度を客観的に認識することで、エンゲージメントは高くなります。

チームワークを強化するには Slack の導入がおすすめ

コミュニケーションツールである Slack も、社内のコミュニケーションの活性化や円滑化、情報共有の促進に役立てることができます。

Slack なら、チームメンバー間、チームリーダーやマネージャーとメンバー間、社内スタッフと社外パートナーのスタッフ間、さらには経営層と現場間の距離を縮めるためにも、大きな効果を発揮します。 Slack を組織全体のコミュニケーションプラットフォームとして利用することで、経営層も含めたあらゆる人同士の意思疎通が可能になるからです。

社内に気軽にコミュニケーションができるカルチャーが根付けば、組織全体の風通しが良くなり、チームワークの強化も果たされるでしょう。

 

 

Slack をコミュニケーション基盤に活用しよう

チームワークの強化は、企業にとって重要な課題です。チームワークが強化されれば、大きな目標の達成や業務効率化、生産性向上、従業員エンゲージメントの確立などの実現に近づくことができます。

ビジネスツールをチームや組織全体のコミュニケーション基盤として活用し、チームワーク強化をより大きな成果へと結びつけるために、 Slack の導入をご検討ください。

よくある質問

チームワークを高めることで、個人や、個人の集まりであるグループでは、達成困難な大きなミッションに取り組めるという点がメリットです。メンバーの役割分担や能力の最適な組み合わせを考えることで、業務効率化を進められます。業務効率化を突き詰めれば、多くのケースで生産性向上も実現でき、企業の収益力向上にもつながります。また、チームのメンバーが各自の視点から物事を考え、意見を交わすことで、客観性や柔軟性を得られるでしょう。チームワークにより信頼関係が構築されると、組織に対する愛着が深まり、メンバーそれぞれのモチベーションのアップや従業員エンゲージメントの向上も期待できます。さらに、チームでの活動が活発になることで、情報・ナレッジ・ノウハウの共有も促進しやすくなります。
チームワークを高めるために欠かせないのが、チーム内でのコミュニケーションを円滑にする環境の整備です。チームが目指している目標の明確化と共有も、チームワークを高めるためには欠かせません。メンバーがそれぞれ持ち前の能力を発揮できるよう配慮し、チームリーダーがタスクの割り振りを考えて指示することも重要です。また、チームワークを高めるためには、どのようなメンバーでチームを構成するか、適材適所の実現と適切な役割分担も重要なポイントになってくるでしょう。

HOME > Slack 日本語ブログTOP > コラボレーション > チームワークとは何か?高めるためのポイントや施策を紹介

この記事はお役に立ちましたか?

0/600

助かります!

ご意見ありがとうございました!

了解です!

ご意見ありがとうございました!

うーん、システムがなにか不具合を起こしてるみたいです。後でもう一度お試しください。

読み進める

生産性

厳しい経済状況下での営業活動に Slack を活用する方法

Slack の大企業担当営業メンバーが実践している、成約をスピーディーにまとめる方法とは

ニュース

Slack セキュリティアップデート

Slack はセキュリティ、プライバシー、透明性を非常に重要視しており、先日発生した問題の詳細を公開します。

コラボレーション

ディスコミュニケーションとは?発生する原因と弊害、解消法を解説

意思伝達ができていない状態であるディスコミュニケーションは、業務に多大な悪影響を及ぼします。ディスコミュニケーションが起こる原因や弊害、解消法について解説します。

変革

デジタル化とは?その意味とメリット、取り組み方法を紹介

ビジネス改革をする上で欠かせないのがデジタル化です。デジタル化とは何か、そのメリットやDXとの違い、実現に必要なことなどについて解説します。