Slack Community フォーラムブログ
ニュース

Slack Community フォーラムの最新版アプリが登場

コミュニティの力に Slack から直接アクセス

Slack チーム一同作成2022年10月4日イラスト: Giacomo Bagnara

Slack は、常にコミュニティを重視してきました。Digital HQ(会社を動かすデジタル中枢)を実現するには、さまざまな方法があります。そのため、よりシンプルに効率よく Slack を使えるよう、ユーザーの皆さまが互いに学び、情報交換をすることに大きな価値があると、私たちは考えています。

Slack Community は、ユーザーの皆さまが互いに Slack の使用体験を共有できる場所です。昨年の Slack Community フォーラムの開設以来、私たちは、皆さまが体験や情報を発信するだけでなく、それをいかに「見える化」するかも重要であると考えるようになりました。本日発表する Slack Community フォーラムコンパニオンアプリの次期バージョンにより、ユーザーが Slack の使用体験を共有し、疑問点を尋ね、世界中のコミュニティとつながることが、Slack 内から直接、簡単に行えるようになります。つまり、フォーラムの利点すべてを、自身のワークスペースから活用できるようになるのです。

Slack Community フォーラムのホームタブ画面

このアプリを使えば、質問や、別のメンバーの投稿への返信、投稿内容の閲覧、集めたバッジ数の確認など、すべてが Slack の中で完結します。とはいっても、オンラインフォーラムがなくなるわけではないのでご安心ください。引き続き、ウェブブラウザバージョンもご利用いただけます。

アプリとワークスペースを接続して開始

では、実際の開始方法を見ていきましょう。まず、アプリが認証され、ワークスペースでの使用が承認されていることを確認します。ワークスペースではアプリに対して各種権限が設定されているケースもありますので、その場合は、ワークスペースのオーナーにご確認ください。うまくいかない場合は、コンパニオンアプリの使用が許可された Slack Community ワークスペースに参加してください。

続いて、フォーラムのアカウントと、自身の Slack ワークスペースが正しく接続されていることを確認します。

アプリとワークスペースが接続されていない場合、フォーラムの利用はシンプルな検索機能のみに限定され、ほかのユーザーとのつながりや、質問、トピックの検索といった機能は利用できません。アプリをワークスペースとペアリングすることで、利用できるフォーラムの機能が増え、世界中のユーザーコミュニティとさらに深くつながれます。これらのシステムが連動することで、ユーザーの皆さまの体験をシームレスに共有いただけるようになるのです。

アプリを使って Slack 内から快適にアクセス

設定が完了したら、さっそく、ワークスペースからフォーラムを使ってみましょう。まず、サイドバーでアプリを選びます。画面上部に表示される以下の 3 つのヘッダーから、情報収集や通知の管理を行えます。

  • ホーム : ここはユーザーの皆さまがアクションを起こす場所です。自分専用のプライベートな情報収集スペースとして、質問したり、コンテンツを検索したり、トピックをフォローしたりできます。アプリは Slack Community フォーラムにリンクしているため、フォーラムに直接参加している時と同じように、コンテンツを表示し、アクションを実行できます。
  • メッセージ : すべての通知がここに表示されます。質問への「クイック返信」機能も利用できます。フォーラムの通知設定により、ダイレクトメンション、自分の投稿に対する返信、週間ダイジェスト、獲得バッジなども表示できます。要するに、フォーラムからの通知も Slack に直接届くようになるわけです。便利ですよね!
  • 概要 : ここには、アプリについての詳細情報と、アプリのホームページにアクセスするためのボタンが表示されます。
Slack Community フォーラムのメッセージタブ画面

アプリについて理解できたら、さっそく質問や、自分の体験・知識の共有を始めてみましょう。特定の機能についての疑問点や、ほかのユーザーがどのように Digital HQ を設計しているのか、自分が開発したアプリに対して意見がほしいなど、このフォーラムは、さまざまな視点で、ユーザー同士が学び合える場所です。

フォーラムアプリの使い方についてサポートが必要な場合は、こちらの簡潔なデモをご覧ください

Slack Community フォーラムを活用しましょう

Slack Community フォーラムは、皆さまがほかのユーザーや Slack のチームと直接つながって、一緒に疑問点を調べたり、情報を集めたり、問題を解決したりする場所です。Slack を使い始めたばかりの人から、ベテラン開発者まで、あらゆる段階の Slack ユーザーの疑問を解消できるように作られています。

ぜひお気軽にご利用ください。何かわからないことがある時、過去に投稿されたお役立ち情報をチェックしたい時、あるいは Slack のさらなる活用方法を探るコミュニティに加わるために、ぜひフォーラムにアクセスしてみてください。あなたと同じユーザーの仲間が待っています。

この記事はお役に立ちましたか?

0/600

助かります!

ご意見ありがとうございました!

了解です!

ご意見ありがとうございました!

うーん、システムがなにか不具合を起こしてるみたいです。後でもう一度お試しください。

読み進める

コラボレーション

DX とは?デジタル化・IT 化との違いや成功させるためのポイントを解説

DX は、デジタル化や IT 化とどう違うのでしょうか。DX の定義や取り組むべき理由、成功させるためのポイントのほか、DX の実現に向けて取り入れたい技術などを解説します。

生産性

情報整理はどう行う?メリットや効率的に行うポイントを紹介

情報整理は、近年のビジネスシーンで重要な能力です。情報整理を行うメリットや効率的な進め方、情報整理をする際の注意点を解説するほか、情報整理に役立つツールを紹介します。

変革

成約率を上げる方法とは?向上させるメリットや営業テクニックを紹介

成約率は、営業活動の成果を測る重要な指標です。成約率を上げる方法や成約率を向上させるメリットについて解説するほか、成約率の向上に寄与する営業テクニックを紹介します。

生産性

営業が行うべきタスク管理とは?重要性や意識すべきことを解説

営業のタスク管理を適切にできていない方もいます。営業が行うべきタスク管理と意識すべきポイントを解説。合理的なタスク管理を実践するためのツールも紹介します。