3 つの箱。そのうち 1 つは開封済み(背景は青色)

業者や仕入先ともすばやくやり取り

Slack チャンネルでパートナー企業と連携し、新しいチャンスを柔軟に活用しましょう。

オペレーションパートナーと最新情報を共有

サプライチェーンとロジスティクス管理には高い調整力が求められます。パートナー企業とチャンネルを共有すれば、連携して毎日の業務を実行できるほか、重要な最新情報の共有や想定外の事態への対応もスムーズに行うことができます。

Slack コネクトは、調達チームが次のことをするのにぴったりです。 

  • サプライチェーンの重要な変更についてパートナー企業とリアルタイムで共有する
  • 両チームから適切なメンバーに入ってもらうことで、問題をすばやくさばく
  • 顧客のニーズに応えるため、環境の変化に適応して対応する
  • 40%

    問題解決の所要時間が短縮

  • 50%

    パートナー企業の回答所要時間が短縮

パートナーと共有するチャンネルの見た目と使い心地は、社内チームで使うものと変わりません。1 つの共有スペースに最大 20 社のメンバーが参加できるので、関係者全員が目指す方向を揃えて成果を生み出すことができます。

 

 

すでに数千社の企業が Slack コネクトで仕事をスムーズに進めています

Slack コネクトの始め方

1.チャンネルを作成する

サイドバーの「チャンネル」の横にある +(プラスアイコン)ボタンをクリックします。チャンネルに名前をつけ、「作成」をクリックしてください。

Slack で新しいチャンネルを作成するカーソルマークを示すアニメーション GIF

2.招待を送る

指示に従って、ワークスペース外でチャンネルを共有します。Slack から招待メールを直接送るか、表示されるリンクをコピーして招待メールにペーストしてください。

Slack で招待リンクをコピーし、メールにペーストするカーソルマークを示すアニメーション GIF

3.パートナーの承諾を待つ

お茶でも淹れてのんびり待ちましょう。パートナーがリンクをクリックすると、Slack のページに移ります。そこで招待を承諾して共有チャンネルを設定してもらいましょう。

メールの招待リンクをクリックし、Slack に移動して招待を承諾するカーソルマークを示すアニメーション GIF

4.管理者に承認してもらう

設定によっては、両チームの管理者に承認の招待が送られます。管理者が共有チャンネルの招待を管理するには、ワークスペース名 > 「管理」 > 「共有チャンネルを管理する」をクリックします。

Slack でチャンネル共有のリクエストを承認するカーソルマークを示すアニメーション GIF

さっそく使ってみましょう

たくさんのグローバル企業が Slack コネクトでコラボレーションを進めています。皆さんもぜひその仲間に入りましょう!

  • パートナーと一緒にチャンネルで仕事を進めるメリットはこちらから
  • チャンネルを共有するには、有料プランを利用する必要があります。詳しくは、Slack の料金プランを参照してください。

脚注

  1. 評価と数字は、自社で Slack コネクトを使用している個々のチームを対象に調査集計したものです。結果はオーガナイゼーションによって異なることがあります。

この情報はお役に立ちましたか?

0/600

助かります!

ご意見ありがとうございました!

了解です!

ご意見ありがとうございました!

うーん、システムがなにか不具合を起こしてるみたいです。後でもう一度お試しください。