シェイプの集合

Slack を活用して高品質なコードをスピーディーにリリース

開発者が高品質な製品やサービスを競合他社よりも早く提供できるように、Slack がお役に立ちます

会議をスケジュールして、ツールを切り替え、プルリクエストをレビューしてくれる適切な人を見つけ出すまでの間には、実際の仕事を済ませる時間はほとんどなさそうです。そんな時に役立つのが、Slack です。

Slack では、プロジェクト、トピックやチームに関連するすべての情報が整理されたチャンネルで、仕事を進めることができます。開発者が高品質な製品やサービスを競合他社よりも早く提供できるように、スムーズなプロジェクト計画から効率のよいコードレビューまで、Slack がお役に立ちます。

「当社には、『エンドツーエンドのデリバリーパイプライン』と呼ばれる、ソースコードから本番へのデプロイまで一貫した仕組みがあります。今やその仕組みの重要なマイルストーンのすべてに Slack を組み込んでいます」。

IBMケーススタディを読むThomas Lawless 氏

構築をすぐに開始

製品マネージャーやデザイナー、エンジニアが開発内容やその理由を話し合い、最終的な合意に至るまでのプロセスも、Slack チャンネルで簡単になるため、プロジェクトのスタートから製品の出荷までの時間が短縮され、会議も少なくてすみます。チャンネルで、すべての関係者、意思決定、仕様を 1 か所にまとめておけば、計画プロセスでの不必要な摩擦を回避でき、チームの足並みを揃えてプロジェクトを進めていくために必要な可視化と密な連携が可能になります。

Slack でのプロジェクトキックオフ

Slack でプロジェクトをスタートさせる方法

  1. チャンネルを使って、部門の垣根を越えたチームで機能の要件を収集し、プロジェクトのスコープを決定します。
  2. プロジェクトのマイルストーンや機能要件など、重要なメッセージやドキュメントをプロジェクトのチャンネルにピン留めし、見つけやすいようにします。
  3. 絵文字リアクションを使って、リクエストのステータスを示したり(👀 は多くの場合「レビュー中」を表します)、簡単なお礼や確認したことを伝えたりします。

開発ツールを Slack に連携させる

テストが簡素化されてスピードアップ

テストとコードレビューのための一元的な場所を作ると、さらによいコードが書けて、安全にコードをデプロイできます。Slack チャンネルとインテグレーションを組み合わせると、QA プロセス全体を開発ワークフローに組み込めるので、問題をすばやくキャプチャして担当者に割り当てたり、プルリクエストを送信したり、コードの品質に関してリアルタイムでフィードバックしたりといったことができるようになります。GitHub などのインテグレーションやアプリを Slack チャンネルに追加すれば、開発者はレビューが必要なプルリクエストや対処が必要なものがすぐ見てわかるようになるため、レビュー待ちの時間が短縮され、互いの仕事の重複を避けられます。

Slack でのプルリクエストのアラート

Slack でのコードレビューの管理方法

  1. チーム全体のコードレビュー用に Slack チャンネルを 1 つ作ります。
  2. Slack 用の GitHub インテグレーションによって、レビューするプルリクエストがチャンネルに自動的に投稿されます。
  3. レビューアは絵文字を使って、レビュー中であることを示し、完了したらまた絵文字を使います。

デプロイを可視化

デプロイプロセスの透明性とスピードを向上させると、より早く顧客にコードを提供できます。開発チームは Slack から直接デプロイをトリガーでき、Jira などのツールを Slack と連携させると、CI/CD パイプラインの大部分を自動化できます。コードのステータス、ビルドやデプロイ、本番環境にプッシュされた内容などすべてを Slack で直接確認できます。

23%

市場投入までの時間の短縮率*

“私たちはお客様のために製品を開発するうえで、透明性とコラボレーションを重視しています。これらの要素は私たちにとって非常に重要なものです。社内でこうした要素をモデルとして実現できなければ、ソフトウェア開発に反映させることはおそらくできないでしょう。”

開発者に Slack をご愛用いただいています

あらゆる規模、さまざまな業界の組織が、Slack チャンネルを使ってコラボレーションしています。

Autodesk のロゴDeliveroo のロゴiress のロゴTarget のロゴTD Ameritrade のロゴ

この情報はお役に立ちましたか?

0/600

助かります!

ご意見ありがとうございました!

了解です!

ご意見ありがとうございました!

うーん、システムがなにか不具合を起こしてるみたいです。後でもう一度お試しください。