電子ブック

ソフトウェア開発チームと Slack

Slack で業務効率化、インシデント解決、反復処理を実現 - 入門編

一般的な企業では、「組織的なムダ」により、生産性が平均で 20% 以上も削がれているといいます。


こうしたムダには、要件の洗い出し、デザインのステータス調整、最新情報の共有をはじめ、市場に製品を投入し、長期的に改良を続けるために費やされる時間すべてが含まれます。

このハンドブックでは、Slack を活用してアジャイルかつ効率的な開発サイクルを維持する方法をご紹介します。チャンネルでコラボレーションを行い、既存のアプリやサービスを連携させ、Slack の多彩な機能をデプロイすることで、メンバー全員がすばやく集まり、最新情報を常に把握し、コードのデリバリーやバグの解消などの重要事項により多くの時間を割くことができるようになります。

このハンドブックで学べること:

  1. 会社全体で重要な情報、エキスパートや専門家からのアドバイスへアクセスする方法
  2. 1 か所からコードをレビューしてデプロイする方法
  3. 複数のシステムのリアルタイムパフォーマンスデータを追跡して問題をスピーディに解決する方法
  4. ワークフローを定期的に使うサービスやプラットフォームへ連携させて合理化・自動化する方法

    脚注

    1. Michael Mankins and Eric Garton, Bain & Company, Time, Talent, Energy, March 7, 2017. http://www.bain.com/publications/business-insights/time-talent-energy.aspx

    この教材は役に立ちましたか?

    0/600

    助かります!

    ご意見ありがとうございました!

    了解です!

    ご意見ありがとうございました!

    うーん、システムがなにか不具合を起こしてるみたいです。後でもう一度お試しください。