チェスのナイトの駒を持っている手
コラボレーション

テクノロジーをビジネスに活用する 7 つの方法

効率の向上、合理的な業務フロー、シンプルなコラボレーションを通して目標を達成

Slack チーム一同作成2021年11月19日

ビジネスにおける効果的な IT 戦略は、もはや「あったらよいもの」ではありません。長期的な目標を達成し、顧客を満足させ、大規模な成長を促進するためには、必要不可欠なものになっています。実際、リサーチ会社 Gartner Inc. が最近実施した調査によれば、IT 関連の支出は 2021 年に 3.9 兆ドルに達すると予想されています。

ほとんどすべての業界で、コロナ禍がデジタル変革を加速させるなか、今重要なのはデジタル戦略を最適化してライバルに後れを取らないことです。常に業界をリードするためにはビジネスに合ったテクノロジーの活用が重要です。ここからは、テクノロジーで実現できる 7 つのことを見ていきましょう。

1. 業務フローの自動化

人間のやることには、人的ミスがつきものです。幸い、反復的なプロセスを自動化することで、ヒューマンエラーの発生リスクを抑え、効率を向上できます。業務フローの自動化によって全体的な生産性が高まります。反復的な業務は自動化されたシステムに任せ、従業員はより重要度の高い取り組みやアイデア創出に集中できます。

2. リアルタイムのデータ分析

現代の企業のほとんどは、消費者から大量のデータを常時収集しています。しかし、データを整理して実用的なインサイトを引き出せなければ、無駄な努力になってしまいます。

このプロセスの自動化のために作られたツールはたくさんあり、これまでよりさらにデータに基づいた意思決定を行えるようになっています。例えば、実店舗を構えるビジネスでは、属性データと流入パターンのデータを集めた位置情報アナリティクス技術を利用して、今後の出店地を決めることができるでしょう。

3. サイバーセキュリティの改善

Cybersecurity Ventures が 2020 年に実施した調査によれば、2021 年末時点で世界経済がサイバー攻撃により失った損失額は 6 兆ドルに達すると予想されています。そのため、現在のビジネスにおいてはサイバー犯罪が最大の脅威の 1 つになっています。

ありがたいことに、IT セキュリティも近年長足の進歩を遂げており、重要なビジネスツール、コラボレーションアプリ、顧客データを保護できるようになっています。これらにはファイアウォール、マルウェア対策ソフト、信頼性の高い VPN、パスワードマネージャーなどが含まれ、セキュリティを強化し、毎日の業務を円滑かつ安全に進めるのに役立ちます。

4. クラウドへの移行

モバイルベース、ウェブベース、デスクトップベースのアプリをクラウドに移行すれば、従業員がいつでも、どこからでもアプリにアクセスできるようになります。インターネット接続さえあればアクセスできるのです。クラウドへの移行の利点は、コラボレーションが活性化し、重要なビジネスアプリにアクセスしやすくなることにとどまりません。業務やデータストレージのニーズの変化に応じて、素早く簡単に規模を拡張または縮小できるのです。

真ん中に矢が刺さったダーツの的

5. データの視覚化

データセットは外国語のように思えるかもしれません。幸い、最新のデータ視覚化ツールがあれば、大量の未加工データからパターンを見つけ、実用的なインサイトを引き出すことができます。例えば、全国展開している小売店で地理的な位置別に顧客のヒートマップを活用すれば、ある地域ではシャツがしばしば品切れになる一方で、パンツは常に売れ残っていると気づくかもしれません。そのような知識をもとに、その地域へのシャツの出荷量を増やし、パンツの出荷量を減らせば、販売を増やし、無駄を減らすことができるでしょう。

6. プロジェクト管理

プロジェクト管理ソフトは、さまざまなチーム、個人、プロジェクトの進捗を記録するためのもので、関係者全員に対して全体の進行状況を見える化します。最大顧客と四半期ごとのキャンペーンに取り組んでいるチームの場合、プロジェクト管理ツールをガントチャートと併用することで、全体のタイムラインと個別のタスクの両方を視覚的に確認できます。これにより、納期に遅れることがないよう各個人が責任を持ってタスクを担当し、大規模プロジェクトを進めていくことができます。

7. コラボレーションアプリ

多くの人の業務時間の少なくとも一部がリモートワークになった今、従業員はマネージャー、同僚、顧客とのつながりを維持する方法を必要としています。このようなつながりが不足すると、仕事に対する積極性やモチベーションが失われ、ビジネス目標に向けて努力することが難しくなります。そこで役立つのが、ビジネスのコミュニケーションすべてを使いやすい 1 つのプラットフォームにまとめる Slack のようなツールです。Slack チャンネルを使えば、社内のチームによる会話やファイル共有を一元化されたスペースにまとめて整理することができます。Slack コネクトを使えば、他社のチームとのコラボレーションが実現し、シンプルな方法で社外パートナーと情報を共有できます。

適切なビジネステクノロジーツールの実装

現在、テクノロジーの選択肢は圧倒されるほど多くなっていますが、成功の鍵は自社独自のニーズにぴったり合ったビジネステクノロジーツールを実装することにあります。

顧客維持率を上げることが目的なのであれば、カスタマーサービスの質とスピードの向上や、高品質な製品の実現につながるツールを探しましょう。顧客獲得を目的とした最新最高のソフトウェアに多額を投じることは確かに一定のメリットがありますが、顧客維持の点では効果を期待できません。つまり、自社の展望や目標に沿ったテクノロジーを選ぶことが非常に必要なのです。

この記事はお役に立ちましたか?

0/600

助かります!

ご意見ありがとうございました!

了解です!

ご意見ありがとうございました!

うーん、システムがなにか不具合を起こしてるみたいです。後でもう一度お試しください。

読み進める

コラボレーション

小さなビジネスから大きなインパクトを。中小企業向けコミュニティにご参加ください!

ニュース

あらゆる規模の組織の仕事が、Slack AI でもっと速く、スマートに

すべての有料プランで Slack AI を購入いただけるようになりました。自社のデータが持つ潜在力をフル活用することが、チームの生産性アップに役立ちます

コラボレーション

TOPPAN が Slack で実践する“分報”の手法と成果とは?

「Why Slack? 導入事例紹介セッション」 ウェビナーレポート

コラボレーション

生産性を管理するコツ

チームが成果を出すために、生産性をうまく管理する方法とは?