コラボレーション

小さなビジネスから大きなインパクトを。中小企業向けコミュニティにご参加ください!

執筆者 : Jacob Gross2024年5月15日イラスト : Zoe Berger、Lauren Park

Slack により、世界中の中小規模の企業が、より少ないリソースで、より多くのことを成し遂げられるようになりました。世界レベルのカスタマーエクスペリエンスの提供から、社内のチームや外部のパートナーとのコミュニケーションの一元化まで、Slack を使ってあらゆる場所の組織があらゆるリソースを最大限に活用しています。

その結果、多くの中小企業が Slack を使って業務を強化し、ビジネスの規模を拡大しています。実際に小規模かつ強力なチームがどのように Slack を活用しているかについて、Megan 氏と Renee 氏の声をご紹介します。

 

チェリーヒル(米国ニュージャージー州)チャプターリーダー、Megan Ardis 氏

「小規模な当社にとって、Slack は強力なコラボレーションツールになっています。実際に Slack によってプロジェクトでの連携方法が大きく変革され、会話も楽しく生産的になりました。Slack なしでどうやって仕事をしていたのか、今では想像もできませんね」

中小企業向けの新しいコミュニティが登場

中小企業には、それぞれにストーリーがあります。事業をゼロから築き上げるのは決して簡単なことではありません。ロジスティクス管理をはじめ、成功を収めるためには膨大な努力が必要です。だその経験を語り、共有することに大きな価値があるはずです。

私たちはそのために何かできないかと考えました。そして……

Slack のスモールビジネスコミュニティの登場です!これは、それぞれのストーリーを共有し、お互いに質問し、Slack を活用してビジネスをレベルアップする方法を伝え合う、中小企業の皆さま専用のスペースです。

 

Slack Community メンバー、Renee Pierson 氏

「急成長中のスタートアップである YellowBird のチームは、時差を超えて常につながっている必要があります。Slack のおかげで、パートナーと協力し、新製品の最新情報を共有して、ほかの生産性ツールとも効果的に連携できるようになりました」

コミュニティに参加して、スモールビジネスを成長させる方法を学ぶ

このコミュニティに入ると、日々成長を続ける中小企業のオーナー、従業員、起業家のネットワークに加わることができます。そこにいるのは、皆さんが今置かれている状況を理解し、ビジネスを拡大させるのに何が必要かを知っている人たち、そして、Slack の活用により業務を導いてきた人たちです。

コミュニティでは、Slack の活用事例やベストプラクティスなど、スモールビジネスに役立つリソースのライブラリにもアクセスできます。また、Slack のチームやコミュニティリーダーとともに、コミュニティイベントで話をするチャンスもあります。

 

コミュニティへの参加をリクエストする

Slack では現在、この新しいコミュニティにふさわしい皆さまにご参加いただくため、メンバーシップに関して一定の条件を設けています。具体的には、現在は従業員 200 名以下の組織のメンバーさまからのリクエストのみを受け付けています。

 

皆さまからのお申し込みをお待ちしています!

 

この記事はお役に立ちましたか?

0/600

助かります!

ご意見ありがとうございました!

了解です!

ご意見ありがとうございました!

うーん、システムがなにか不具合を起こしてるみたいです。後でもう一度お試しください。

読み進める

コラボレーション

Slack の特徴を大活用!仕事をもっとスムーズにする使い方のヒント 10

カレンダー連携などでチームの時間を節約し、仕事をより快適に進める Slack の使い方

変革

ビジネスチャットとは?選ぶ際のポイントや導入事例を紹介

ビジネスチャットを利用する企業が増えています。ビジネスチャットが求められている背景や基本的な機能、活用するメリット、運用時の注意点などを解説します。

生産性

情報整理はどう行う?メリットや効率的に行うポイントを紹介

情報整理は、近年のビジネスシーンで重要な能力です。情報整理を行うメリットや効率的な進め方、情報整理をする際の注意点を解説するほか、情報整理に役立つツールを紹介します。

変革

成約率を上げる方法とは?向上させるメリットや営業テクニックを紹介

成約率は、営業活動の成果を測る重要な指標です。成約率を上げる方法や成約率を向上させるメリットについて解説するほか、成約率の向上に寄与する営業テクニックを紹介します。