Slack アカウントで複数のワークスペースを切り替える
生産性

Slack アカウントで複数のワークスペースを切り替える

Slack を使うことで、組織のコミュニケーション方法が変わります。メンバーが 1 つの場所に集まり、チームが一体となって働くことができます。ここでは、Slack のデスクトップアプリを使って Slack アカウントにサインインする方法や、ワークスペースの切り替え方法について解説します。

Slack チーム一同作成2023年3月28日

Slack ではワークスペースという企業や組織などのグループの中にある、プロジェクトやトピックごとに分かれたチャンネルというスペースでやり取りを行います。ワークスペースはいくつでも作ることができ、 1 つのメールアドレスで複数のワークスペースに参加することが可能です。ここでは、 デスクトップアプリを使って Slack アカウントにサインインする方法や、ワークスペースの切り替え方法など Slack の基本操作について解説します。

Slack にサインインする

Slack では 1 つの ワークスペースのメンバーであるか、多数のワークスペースのメンバーであるかを問わず、同じメールアドレスを使ってこれらすべてのアカウントにサインインすることができます。メールアドレスまたはお持ちの Apple / Google アカウントで Slack にサインインする方法について説明します。

  1. Slack デスクトップアプリを開いて「Slack にサインインする」をクリックすると、Web ブラウザに移動します。
  2. メールアドレスでサインインする場合は、メールアドレスを入力して「メールでサインインする」をクリックします。
  3. Slack から届いたメールにある確認コードを入力します。
  4. すでにお持ちのApple または Google のアカウントでサインインする場合は、「Apple でサインインする」または「Google でサインインする」をクリックしてアカウントを選択します。
Slack にサインインする

 

Slack デスクトップアプリを開いて「Slack にサインインする」をクリックすると、Web ブラウザに移動します。

最初にメールアドレスを入力してください

メールアドレスでサインインする場合は、メールアドレスを入力して「メールでサインインする」をクリックします。

メールでコードを確認する

Slack から届いたメールにある確認コードを入力します。

すでにお持ちのApple または Google のアカウントでサインインする場合は、「Apple でサインインする」または「Google でサインインする」をクリックして使用するアカウントを選択します。

ワークスペースに参加する

Slack へのサインインが完了した後、Slack を利用するにはワークスペースにサインインをします。Slack では複数のワークスペースを作成することができます。またメールアドレスを使ってアカウントを作成し、複数のワークスペースに参加することも可能です。

Slack ワークスペースを作成

新しくワークスペースを作成する場合は「ワークスペースを作成する」をクリックし画面の案内に従って作成します。過去に参加したことがある場合などワークスペースにアカウントが紐付けされている場合は、表示されたリストの中からワークスペースを選択するとワークスペースにサインインすることができます。

サインイン完了

ワークスペースを切り替える

Slack デスクトップアプリで複数のワークスペースにサインインしている場合、アプリの左端に各ワークスペースのアイコンが表示されます。アイコンをクリックするだけで簡単にワークスペースを切り替えることができます。


複数のワークスペースの切り替えも簡単 Slack のデスクトップアプリ

Slack で複数のワークスペースでやり取りをするなら、デスクトップアプリを使えば切り替えも簡単。すべてのワークスペースの通知を同時に受け取ることも可能なためタイミングを逃さず、スムーズなコミュニケーションを取ることができます。Slack を利用しているなら、ぜひデスクトップアプリをインストールして、便利に使ってみてはいかがでしょうか。

よくある質問

Slack ではワークスペースという企業や組織などのグループのなかで、プロジェクトやトピックごとに分かれたチャンネルというスペースでやり取りを行います。ワークスペースに参加することによって、Slack アカウントが作成されます。ワークスペースに参加するには、メールアドレスか、すでにお持ちの Apple または Google のアカウントでサインインすることでアカウントが作成されます。
Slack デスクトップアプリで複数のワークスペースにサインインしている場合、アプリの左端に各ワークスペースのアイコンが表示されます。アイコンをクリックするだけで簡単にワークスペースを切り替えることができます。

HOME > Slack 日本語ブログTOP > 生産性 > Slack アカウントで複数のワークスペースを切り替える

この記事はお役に立ちましたか?

0/600

助かります!

ご意見ありがとうございました!

了解です!

ご意見ありがとうございました!

うーん、システムがなにか不具合を起こしてるみたいです。後でもう一度お試しください。

読み進める

コラボレーション

Slack の特徴を大活用!仕事をもっとスムーズにする使い方のヒント 10

カレンダー連携などでチームの時間を節約し、仕事をより快適に進める Slack の使い方

変革

ビジネスチャットとは?選ぶ際のポイントや導入事例を紹介

ビジネスチャットを利用する企業が増えています。ビジネスチャットが求められている背景や基本的な機能、活用するメリット、運用時の注意点などを解説します。

生産性

情報整理はどう行う?メリットや効率的に行うポイントを紹介

情報整理は、近年のビジネスシーンで重要な能力です。情報整理を行うメリットや効率的な進め方、情報整理をする際の注意点を解説するほか、情報整理に役立つツールを紹介します。

変革

成約率を上げる方法とは?向上させるメリットや営業テクニックを紹介

成約率は、営業活動の成果を測る重要な指標です。成約率を上げる方法や成約率を向上させるメリットについて解説するほか、成約率の向上に寄与する営業テクニックを紹介します。