共有チャンネルでメンバーがパートナー企業の人々に挨拶している様子
共有チャンネル

顧客やパートナーとこれまでにないコラボレーションを実現

共有チャンネルで他社とのコラボレーションを行うことで、よりよい関係を築き生産性をさらにアップ。

共有チャンネルを通して企業間のつながりを構築する方法をチェック

共有チャンネルが並んだ2つのワークスペースに表示され、リアルタイムでチームが会話している様子

最新情報を常にパートナーと共有

社内外にかかわらず、プロジェクトに参加するメンバー全員が共通の目標に向けてひとつのスペースに集まることで、共通認識が生まれ、最高の仕事の実現に向けてスピーディに動けるように。

共有チャンネルが並んだ2つのワークスペースに表示され、リアルタイムでチームが会話している様子
共有チャンネルを通して両社のメンバーがメッセージとファイルを共有し、会話が展開する様子

コミュニケーションを効率化

すべての仕事を1か所に集約することで、効率性が高まり、時短が実現。メッセージを確実に追跡でき、外部のメールと社内の会話の間を行き来する必要もなくなります。

共有チャンネルを通して両社のメンバーがメッセージとファイルを共有し、会話が展開する様子
Slack インターフェイスで共有チャンネルが表示され、そこで二社が電話会議を行い、ファイルを共有して共同で意思決定を行っている

信頼を築き、よりよい関係を実現

社内の同僚と同じように外部のパートナーともコラボレーションできれば、より良い関係の構築につながります。進捗状況や責任範囲、成果などを参加者全員で共有できるようになります。

Slack インターフェイスで共有チャンネルが表示され、そこで二社が電話会議を行い、ファイルを共有して共同で意思決定を行っている

メールに代わるツール

受信トレイにさようなら。より迅速で整理されたコミュニケーションを実現。

受信トレイにさようなら。より迅速で整理されたコミュニケーションを実現。

仕事の内容に合わせてカスタマイズ

共有チャンネルは、それぞれの会社の働き方に併せてカスタマイズが可能。グループでリアルタイムに会話を進め、アプリを連携してツール間の切り替えを低減。1対1の会話にはダイレクトメッセージを使用できます。

業務の流れをよりスマートに

共有チャンネルなら、属人的で分断された受信トレイとは違い、社内のすべての会話とチャンネルのコンテンツを手早く見つけて参照できるので、過去の意思決定とその背景や経緯をいつでも確認できます。

安心のセキュリティ

管理者は、他の組織と共有するチャンネルを完全にコントロール&監視することができ、セキュリティ面でも安心です。業界標準を超える Slack のセキュリティに保護されたスペースなら、誰もが安心してコラボレーションを実現できます。

企業同士がつながり、コラボレーションを実現するための方法

世界中の何千ものチームが Slack でつながり、コラボレーションを実現しています

Sony
Airbnb
Hulu
Wayfair
Time
Autodesk