Slack で連携するチーム
コラボレーション

Slack と連携させるべきリアルタイムのコラボレーションツール

あらゆるチームがよく使うアプリを Slack と直接つなげて、業務フローやプロセスを合理化

Slack チーム一同作成2021年8月30日

タスクを効率化し、よく使うアプリ間でシームレスなワークフローを作成すれば、リアルタイムのコラボレーションが実現して生産性が上がります。喜ばしいことに、主要なツールを Slack に連携させれば、そのメリットをすぐに得ることが可能です。Slack App ディレクトリには 2,500 以上のアプリが登録されているため、タブを閉じたりコンテキストを何度も切り替えたりすることなく、お気に入りのツールを使い続けることができます。

営業チームが Salesforce を、サービスチームが Zendesk を、開発者が Jira をそれぞれ好んで使っている場合でも、全員が自分の好きなツールを使うことができるのです。Slack は、すべてのチームが部門やプロジェクトを越えてコラボレーションできる業務上の中心的なハブとなります。

Slack でツールを連携させてチームをつなげる

Slack で使用しているすべてのツールを同期すれば、チャンネルでアプリを使って作業できるようになり、あらゆるデバイスでシームレスに会話できるようになります。いつでもすぐに使えるため、外出先でも最新情報を把握できるほか、ドキュメントがいつでも保護されているという安心感が得られます。

マーケティング、営業、プロジェクト管理、カスタマーサービス、エンジニアリングなど、社内のあらゆるチームが Slack インテグレーションのメリットを得ることができます。Slack App ディレクトリで必要なアプリが見当たらない場合は、Slack のワークフロービルダーAPI を使って自分で作成したり、社内で構築したソリューションやプロセスをカスタマイズしたりしましょう。

コミュニケーション、サードパーティ製アプリ、ビジネスコラボレーションツールを 1 か所に集めることにより、時間の節約、生産性の向上、より効果的なコラボレーション、全チームでの一貫した体験を実現することができます。

主な日常業務ツールのインテグレーション

メール、カレンダー、チャット、ファイル管理などの日常的なツールは、仕事を進めるうえで欠かせないものとなっています。こうしたツールを Slack に連携させれば、日常業務をより効率的にこなせるようになります。例えば、カレンダー管理にかける時間を減らしたり、ミーティング参加時にステータスが自動で更新されるようにしたり、外出先でもプラットフォームを切り替えることなくすばやくファイルにアクセスしたりすることが可能になります。
主な日常業務アプリには次のようなものが挙げられます。

Slack で連携するチーム

主なプロジェクト管理ツールのインテグレーション

Slack のインテグレーションにより、プロジェクトの進行が円滑化します。タスクの作成、更新、割り当てから、投票の作成、メモの作成、問題の追跡まで、すべてを 1 か所で行うことができます。

主なプロジェクト管理アプリには次のようなものがあります。

主な会議用オンラインコラボレーションツール

リモート会議がこれまでになく盛んに行われるようになり、リモートでつながる手段がさまざまあることはすでによくおわかりでしょう。なかでも Slack は、どのチャンネルやアプリからでも会議を開始したり、画面を共有したり、チャットやダイレクトメッセージでやりとりしたりできるため、好んで利用されています。あらゆることをリアルタイムで行えるので、さまざまなプロジェクトの会話や問題に同時に対応することができます。

主要な会議用アプリには次のようなものがあります。

主な CRM ツール

顧客関係管理(CRM)ツールは、多くのビジネスに大きく貢献しています。実際に、フォーチュン 500 企業の 83 % が Salesforce を利用して顧客とのやり取りを記録し、タスクを自動化して、営業業務を合理化しています。

コラボレーションツールをいつから使うか迷っているのなら、答えは「今」です。CRM アプリを Slack に連携させれば、営業チームとサービスチーム間のコミュニケーションを改善したり、拡張したりすることができます。このインテグレーションにより、新規リードが営業ファネルに入った時に適切な担当者に通知されるようにしたり、営業過程を追跡したり、カスタマーサービス担当者への引き継ぎ時に通知を送ったりすることが可能になります。

主な CRM アプリには次のようなものがあります。

主なサポートタスクツール

B2B や B2C、内部顧客を問わず、どのような取引でも、カスタマーサービスはあらゆる業界で最優先される事項です。その点を念頭に、顧客を迅速にサポートしやすい体制を整える必要があります。

主なサポートアプリには次のようなものがあります。

Slack のインテグレーションで業務フローを合理化

今日のような目まぐるしく変化するデジタルワークスペースで仕事をこなすには、柔軟性、俊敏性、そして適切なツールが求められます。ツールを Slack に連携させれば、業務フローが合理化され、生産性が向上し、チームワークが促進されます。ピン留めされたドキュメント、過去の決定事項、サポートチケットのステータスなど、チームの誰もが必要な情報にアクセスできます。

毎日使うツールを Slack につなげて、チームの連携と業務の効率化を実現しましょう。Slack と連携できるツールの一覧をご覧ください。

この記事はお役に立ちましたか?

0/600

助かります!

ご意見ありがとうございました!

了解です!

ご意見ありがとうございました!

うーん、システムがなにか不具合を起こしてるみたいです。後でもう一度お試しください。

読み進める

生産性

仕事の時間をうまく管理するための 10 のヒント

時間の管理こそ、仕事の生産性を高める鍵

生産性

リモートマネジメントとは?目的や課題、効率的に行う方法を解説

リモートマネジメントは、リモートワーク管理の課題を解決するものです。リモートマネジメントの目的や効果的に進めるポイント、効果を高めるツールなどを紹介します。

生産性

会議の基本的な進め方とは?流れや結論を出す方法を解説

会議をどう進めていいか、不安な方もいるでしょう。会議の基本的な進め方や結論を出す方法のほか、会議前に準備しておくべきこと、会議中に実践しておくべきことなどを解説します。

生産性

ファシリテーションとは?メリットやファシリテーターの役割を解説

会議でよく耳にする、ファシリテーションを実践するメリットを紹介。また、やファシリテーターが担う役割のほか、求められるスキル、向いている人の特徴を解説します。