半月型に並べられたドミノ(背景は黄色)

顧客との関係をもっと深く、もっと強く

Slack チャンネルでやり取りすれば、顧客ともしっかりつながり、コミュニケーションがスムーズに。

カスタマーリテンションを高める

顧客に直接会うことは当面難しいかもしれませんが、その関係がおろそかになるのは避けたいもの。Slack チャンネルでやり取りすれば、顧客にとって一番大事なことを常に把握し、エンゲージメントを維持して、ニーズにいち早く対応できます。

Slack コネクトはカスタマーサクセスチームが次のことをするのにぴったりです。 

  • 顧客と 1 対 1 のつながりを育み、共通の目標に向かって進む
  • 必要に応じて両チームの専門人材に入ってもらうことで、問題をすばやくさばく
  • 新製品のリリースに関する重要な情報を共有して導入を促進する
  • 60%

    顧客からの回答所要時間が削減

  • 50%

    アカウントマネージャーと顧客の打ち合わせ回数が削減

顧客と共有するチャンネルの見た目と使い心地は、社内チームで使うチャンネルと変わりません。最大 20 社のメンバーが参加でき、1 つの共有スペースで全員が目指す方向を揃え、成果を生み出すことができます。

 

 

すでに数千社の企業が Slack コネクトで仕事をスムーズに進めています

Slack コネクトの始め方

1.チャンネルを作成する

サイドバーの「チャンネル」の横にある +(プラスアイコン)ボタンをクリックします。チャンネルに名前をつけ、「作成」をクリックしてください。

Slack で新しいチャンネルを作成するカーソルマークを示すアニメーション GIF

2.招待を送る

指示に従って、ワークスペース外でチャンネルを共有します。Slack から招待メールを直接送るか、表示されるリンクをコピーして招待メールにペーストしてください。

Slack で招待リンクをコピーし、メールにペーストするカーソルマークを示すアニメーション GIF

3.パートナーの承諾を待つ

お茶でも淹れてのんびり待ちましょう。パートナーがリンクをクリックすると、Slack のページに移ります。そこで招待を承諾して共有チャンネルを設定してもらいましょう。

メールの招待リンクをクリックし、Slack に移動して招待を承諾するカーソルマークを示すアニメーション GIF

4.管理者に承認してもらう

設定によっては、両チームの管理者に承認の招待が送られます。管理者が共有チャンネルの招待を管理するには、ワークスペース名 > 「管理」 > 「共有チャンネルを管理する」をクリックします。

Slack でチャンネル共有のリクエストを承認するカーソルマークを示すアニメーション GIF

さっそく使ってみましょう

たくさんのグローバル企業が Slack コネクトでコラボレーションを進めています。皆さんもぜひその仲間に入りましょう!

  • パートナーと一緒にチャンネルで仕事を進めるメリットはこちらから
  • チャンネルを共有するには、有料プランを利用する必要があります。詳しくは、Slack の料金プランを参照してください。

この情報はお役に立ちましたか?

0/600

助かります!

ご意見ありがとうございました!

了解です!

ご意見ありがとうございました!

うーん、システムがなにか不具合を起こしてるみたいです。後でもう一度お試しください。