生産性

チャンネル検索機能が登場!Slack のチャンネルを簡単に発見

新しい検索タブでは、チャンネル名、チャンネルの目的、頻繁に話題になるトピックで検索し、最も関連性の高い結果を表示できます

Slack チーム一同作成2019年3月25日イラスト: Pete Ryan

毎日何百万人ものユーザーの皆さまが Slack チャンネルを活用しています。しかし、オーガナイゼーション内のチャンネルの数が増えて数百数千になると、適切なチャンネルを見つけるのが難しくなります。命名ガイドラインに即したわかりやすい名前はチャンネルの整理に役立ちますが、正確なチャンネル名を知らないと、これから参加しようとするパブリックチャンネルを見つけられず苦労する可能性があります。

本日より、Slack 上の検索で重要な会話やファイルだけでなく、その情報が存在するチャンネルも見つけやすくなりました。

チャンネル検索の仕組み

チャンネルを検索する方法は、現在の Slack 検索と変わりません。探したい言葉を検索バーに入力して検索を実行するだけです。結果には、すでに存在する「メッセージ」タブと「ファイル」タブのほかに「チャンネル」という新しいタブが表示されます。 このタブに、検索条件と最も関連性の高いパブリックチャンネルと、自分が参加しているプライベートチャンネルが表示されます。

検索結果をさらに絞り込むには、結果をチャンネルタイプ別(パブリック、プライベート、アーカイブ)またはワークスペース別にフィルタリングして並べ替えます。興味のあるチャンネルがあれば、ワンクリックでプレビューや参加が可能です。

チャンネル検索で最適な結果を表示

検索時にチャンネル名だけでなく、チャンネルの目的や頻繁に話題になるトピックなど、ほかの有用な手がかりも考慮されるようになりました。自分との関連性や自分の仕事に一番関わりのある人たちとの関連性も考慮され、適切なチャンネルが見つかるようになっています。

つまり新メンバーが仕事に追いつくためにチャンネルを探す場合でも、チャンネル作成前にすでに同じようなチャンネルが存在するか確認したい場合でも、こうした検索機能の向上によって、必要な場所(つまり、チャンネル)に確実に参加できるようになるのです。

チャンネル検索は、近日中にデスクトップユーザーにも展開されます。チャンネル検索についてのフィードバックがあれば、こちらからお問い合わせまたは Twitter で @SlackHQ をメンションしてください。

この記事はお役に立ちましたか?

0/600

助かります!

ご意見ありがとうございました!

了解です!

ご意見ありがとうございました!

うーん、システムがなにか不具合を起こしてるみたいです。後でもう一度お試しください。

読み進める

ニュース

あらゆる規模の組織の仕事が、Slack AI でもっと速く、スマートに

すべての有料プランで Slack AI を購入いただけるようになりました。自社のデータが持つ潜在力をフル活用することが、チームの生産性アップに役立ちます

ニュース

Slack AI が登場

毎日の仕事をさらにスピーディーにする、新しい生成 AI 機能の提供を開始

ニュース

Slack と Salesforce の新しいインテグレーションで、営業チームをパワーアップ

Slack Sales Elevate により、顧客のレコード、取引先や商談のデータ、主要指標を一元化して、営業プロセスのあらゆる段階を変革

ニュース

自動化をレベルアップさせる、ワークフロービルダーの 65 の新しいコネクタが登場

コードを使わず数クリックで、ツールを連携させて作業を自動化。パートナーアプリとつながる新しい方法