働きやすい職場にするには?特徴やメリット、改善方法を解説
変革

働きやすい職場にするには?特徴やメリット、改善方法を解説

企業にとって働きやすい職場を作ることは重要な課題のひとつです。働きやすい職場の特徴やメリットのほか、働きやすい職場を作る方法について解説します。

Slack チーム一同作成2022年10月9日

会社勤めをしている人なら、誰もが「できるだけ働きやすい職場で仕事がしたい」と考えることでしょう。企業にとっても働きやすい職場づくりは、人材の定着率や業務効率を上げるために避けては通れない課題といえます。では、働きやすい職場を作るために、企業はどのような施策を実行すれば良いのでしょうか。

この記事では、働きやすい職場の特徴やメリットのほか、働きやすい職場を作る方法について解説します。

働きやすい職場の特徴

働きやすい職場とは、従業員が好きなように働ける職場という意味ではありません。従業員がモチベーションを保ちながら、労働に見合った成果を上げられる環境が整った職場のことです。

従業員が感じる「働きやすさ」は、職場環境・福利厚生・教育体制・職場の人間関係といった外的要因によって変わります。

では、具体的に、従業員が働きやすいと感じる職場には、どのような特徴があるのでしょうか。まずは、働きやすい職場に共通する特徴について見ていきましょう。

業務環境が整備されている

働きやすい職場とは、仕事がしやすい職場のことです。つまり、仕事の成果を上げやすい職場であるともいえます。業務効率を上げやすくなるような業務環境の整備は、働きやすい職場に欠かせない要素でしょう。

例としては、タイムカードや経費精算、各種申請といった紙業務のデジタル化、ワークフローの導入、ネット環境の整備などが挙げられます。また、パソコンや携帯電話など、業務上必要となる備品の適切な配布も働きやすさにつながります。

人間関係が良好かつ円滑

仕事上のストレスの原因として多いのが、職場の人間関係です。どれほど興味のある仕事内容でも、コミュニケーション不足などによる雰囲気の悪い職場では、業務効率やモチベーションは低下してしまいます。

働きやすい職場には、良好かつ円滑な人間関係が構築されています。役職や立場に関係なく誰もが意見を言いやすく、チームで連携しながら仕事に取り組むことができるでしょう。

情報共有がスムーズ

人間関係が良好な職場は、情報共有もスムーズです。情報共有が適切に行われていないと、業務が滞ったりミスが生じたりしてしまいます。また、業務の属人化が進み、お互いどのような仕事をしているのかわからないという状況にも陥りがちです。

従業員同士が知識やノウハウなどを共有できる仕組みが整っていると、結果として組織全体のスキルアップにもつながり、業務効率や生産性を向上させることができます。

業務体制が適切

働きやすい職場では、ライフワークバランスに配慮した業務体制が敷かれています。業務過多や負荷の集中を調整するような仕組みがあれば、無駄な残業や長時間労働も起こりません。また、近年ではリモートワーク(テレワーク)や時短勤務、フレックス制度など、働き方の選択肢も増えています。

時間や場所にとらわれない働き方を選べることも、働きやすさにつながっていくでしょう。その他、有給休暇の取りやすさや長期休暇制度なども、従業員にとっての働きやすさを左右するポイントになります。

評価や報酬が適切

不適切または不透明な人事評価は、従業員のモチベーション低下を招きます。従業員が、「上司の主観で偏った評価がされている」「成果を出しているのに給与が低い」などと感じるような状況では、企業に対する不満や不信感が溜まるばかりです。

適切で公平性の高い人事評価と、評価の結果が正しく反映される報酬制度の構築は、働きやすい職場の条件といえるでしょう。

特に報酬は、自分の会社に対する貢献度を測るバロメーターでもあります。従業員の納得を得るためにも、実力や成果がきちんと反映される評価は必須です。

教育体制が整備されている

人材育成や社員教育に力を入れている企業では、従業員も、企業から大切にされていると実感しやすく、エンゲージメントが高くなる傾向があります。

新人研修をはじめ、部署や職務に応じた研修など、教育機会を提供すれば個人のスキルアップにつながり、結果として企業の業績向上も期待できるでしょう。

働きやすい職場のメリット

働きやすい職場づくりは、従業員のためだけに行うのではありません。職場が働きやすい環境になれば、企業にとっても下記のようなメリットがあります。

離職者が減る

働きやすい職場では人間関係が良好なうえ、業務体制や評価制度なども適切なので、従業員は安心して仕事に打ち込めるようになります。

安心して働ける職場では従業員のモチベーションやエンゲージメントが高まり、人材が定着しやすくなります。このような好循環によって、離職者を減らすことができるのです。

従業員が離職して新たな雇用が必要になると、採用コストや育成コストといった費用負担も発生します。働きやすい職場づくりは、このようなリスクを防ぐためにもメリットがあるといえるでしょう。

作業効率・生産性が向上する

働きやすい職場環境は、従業員の仕事に対するモチベーション維持にも有効です。従業員が意欲的に働くことで個々のパフォーマンスが高まり、組織全体の作業効率や生産性が向上するでしょう。

また、働きやすい職場では、社内のコミュニケーションや情報共有がスムーズに行われています。これらの要素も作業効率化を後押しする一因です。

企業ブランドが向上する

働きやすい職場環境の構築により、従業員の作業効率や生産性が上がると、商品やサービスのクオリティも高まり、顧客満足度の向上にもつながります。

従業員が意欲とやりがいを持って仕事に取り組めるため、企業の方針やビジョンなども共通認識として社内に浸透しやすくなります。

そして、経営陣と現場の従業員が同じ方向を向いて行動した結果、企業イメージやブランドイメージを高めることができるでしょう。社会的な企業イメージの向上は、優秀な人材の確保を目指すうえでも有利に働きます。

働きやすい職場を作るには?

職場を働きやすい環境にするためには、どのような対策を講じれば良いのでしょうか。ここからは、働きやすい職場づくりに効果的な方法をご紹介します。自社の状況に合わせて、できることから取り組んでみてください。

社内イベントの実施

社内イベントを実施することで、従業員が分け隔てなく交流できるコミュニケーションの場を提供できます。業務上のやりとり以外でふれ合う機会を設けることで、部署や立場が異なる人同士が相互理解を深めるきっかけになるでしょう。

相手の人となりや仕事に対する考え方を知れば、お互いに信頼関係が生まれ、業務を進めるうえでも情報共有や連携を行いやすくなります。

従業員全員が一同に集まるのが難しい場合は、少人数や自由参加での開催でも構いません。イベントへの参加を強制するのではなく、従業員に「楽しそう」「参加してみたい」と思わせるような企画を工夫することが大切です。

そのほかにも、フリーアドレスの導入やカフェスペースの設置なども、活発なコミュニケーションの促進に役立ちます。

勉強会や研修の実施

働きやすい職場を作るには、従業員のスキルアップをサポートするような取り組みも必要です。勉強会や研修、セミナーなどを積極的に開催し、一人ひとりの成長を後押ししましょう。

共通の目標や興味関心を持つ人が集まる社内勉強会や、部門別・階層別の研修などは、スキルアップと同時に社内交流を促す場にもなります。社内研修だけではなく、社外の研修会やセミナーなどにも参加しやすい仕組みづくりも進めると、なお効果的です。

従業員の教育制度の整備

従業員の業務に関連する資格取得に向けたサポート体制を整えるのもいいでしょう。従業員個人の能力を高めることは、将来的な組織力の底上げにもつながります。

特に新入社員に対しては、OJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)のほか、メンター制度を取り入れた教育制度の整備も必要です。メンター制度とは、主に新入社員に対して、先輩社員が仕事のアドバイスをしたり相談にのったりする制度のことをいいます。些細なことで不安や緊張感を抱きやすい新入社員にとって、何でも相談できる先輩の存在は非常に心強いものです。

メンター制度の導入によって、新入社員の早期離職を防ぐことにもつながります。

適切な評価制度の導入

働きやすい職場づくりには、評価基準の明確な透明性の高い評価制度の構築が必要不可欠です。適切な評価制度が確立されていなければ、従業員の仕事に対するモチベーションは失われ、最悪の場合は離職を招くことにもなりかねません。

仕事で成果を上げれば上げただけ評価され、それが報酬にも反映されれば、従業員には、さらにがんばろうという前向きな意欲が生まれるでしょう。

評価制度には、経営者や上司の気分や相性などではない、幅広い視点から判断できる客観的な指標が求められます。

個人またはグループで設定した目標に対する達成度合いで評価が決まる「目標管理制度(MBO)」や、上司だけではなく同僚や部下などさまざまな立場の人が多角的に評価する「360度評価」などを導入するのもひとつの方法です。

自社の評価制度をあらためて見直し、必要に応じてブラッシュアップしていくことも重要です。

休暇や福利厚生制度の充実

休暇や福利厚生制度が充実している職場では、従業員がライフワークバランスを大切にしながら満足度高く働くことができます。

プライベートの時間が増えることで気持ちにも余裕が生まれ、その分、仕事にも意欲的に取り組めるようになるでしょう。また、リモートワークやフレックスタイム制、時短勤務など、多様な働き方の選択肢を用意することも、従業員にとっての働きやすさを実現する手段といえます。

近年では、女性だけでなく男性も育児休暇や介護休暇を取得するケースが珍しくありません。従業員の働き方のニーズに柔軟に対応することで、優秀な人材の離職を防ぎ、人材の定着率を高めることにつながります。

また、企業によるスキルアップ支援など、法定福利厚生以外の制度を充実させることも、働きやすい職場作りにつながります。

ただし、いくら制度を整えていても、実際に利用しづらいようでは意味がありません。「有給休暇や長期休暇が取りづらい」「日常業務が忙しくて福利厚生サービスを利用する時間がない」といったことのないように、企業側からも適切な働きかけが必要です。

適切なビジネスツールの導入

ビジネスツールの活用によって無駄な作業や手間を削減すれば、働きやすさは格段にアップします。ツールの導入にあたって重視すべきポイントは、業務に適したビジネスツールであることと、誰もが使いやすいツールであることです。

例えば、ビジネスコミュニケーションツールとして知られている Slack なら、直感的に操作ができるため、デジタルツールに慣れていない人でも安心して利用できます。

Slack は、グループチャットや 1 対 1 でのメッセージのやりとり、ワンクリックすで音声でやりとりができるハドルミーティング、映像と音声でコミュニケーションを行えるビデオ会議など、多彩なコミュニケーション機能を備えているため、社内のコミュニケーションを円滑化・活性化させやすいでしょう。

また、 Slack は、タスク管理ツールやプロジェクト管理ツールといったさまざまなビジネスツール・サービスとも連携しやすく、業務の必要に応じた機能拡張も簡単に行えます。高度なセキュリティも備えているため、重要データの共有も安心です。

Slack で働きやすい職場環境を整えよう

働きやすい職場とは、従業員の立場に立った、安心で快適な職場環境です。働きやすい職場づくりは、作業効率や生産性、ブランドイメージの向上など、企業にとっても多くのメリットをもたらします。従業員にとっての働きやすさを追求することが、結果的に企業の成長にもつながるといえます。

働きやすい職場を目指すには、福利厚生や評価制度の整備などに加えて、スムーズなコミュニケーションとデジタル化がポイントです。 Slack をはじめとしたビジネスツールを上手に活用して、働きやすい職場環境を整えていきましょう。

HOME > Slack 日本語ブログTOP > 変革 > 働きやすい職場にするには?特徴やメリット、改善方法を解説

この記事はお役に立ちましたか?

0/600

助かります!

ご意見ありがとうございました!

了解です!

ご意見ありがとうございました!

うーん、システムがなにか不具合を起こしてるみたいです。後でもう一度お試しください。

読み進める

変革

『勝つ』営業組織のための Digital HQ 〜開催レポート(後編) 

Slackで実現する営業プロセスの変革と、顧客との新しい関係構築

生産性

コミュニケーションツールのメリットとは?導入のポイントも解説

コミュニケーションツールには、さまざまな種類があります。コミュニケーションツールのメリットや、デメリットとその解決策のほか、導入のポイントについて解説します。

生産性

グループチャットとは?ビジネスチャットのメイン機能を使いこなそう

ビジネスチャットを利用する際には、まず初めにグループチャットのためのチャンネル作成が必要です。グループチャットとは何か、なぜチャンネルを作るのかについて解説します。

変革

オンライン会議ツールとは?主な機能と導入ポイントを解説

オンライン会議ツールは、遠隔地にいる相手と会議やミーティングができるツールです。その種類や機能、導入時に気をつけたいポイントなどについて解説します。