Haptik は Slack で顧客関係の構築および強化を推進

「従業員がハイブリッドモデルで働く場合、コラボレーションをどこからでも効率的に行えることが、生産性に直結します。当社では、それが Slack によってシームレスに実現されています」

HaptikVice President Of Customer SuccessAjay Lulla 氏

Haptik で Vice President of Customer Success, Finance and Legal を務める Ajay Lulla 氏は、2019 年の入社時点で、Slack がどのようなもので、会社の仕事をどのようによりよい方向へと変革するのか、よくわかっていませんでした。

今では、そのよさがわかるようになりました。

「Slack はあらゆる楽しいことが起こるスペースです。単なる全社的なコミュニケーションの経路ではありません。組織全体のあらゆるレベルにわたって、文化とコラボレーションを作り上げることができる場所なのです」と Lulla 氏は言います。

Haptik が Slack を使い始めたのは 2016 年のことです。同社にとって Slack は、成長し、拡大し、成功を収めるために欠かせない存在となってきました。

「Haptik は Slack とともに成長してきました。Slack に新しい機能が導入されるのに合わせて、自社のプロセスも継続的に改良してきました」。

従業員がハイブリッドモデルで働く場合、コラボレーションをどこからでも効率的に行えることが、生産性に直結します。当社では、それが Slack によってシームレスに実現されています。

HaptikVice President Of Customer Success, Finance and LegalAjay Lulla 氏

どこからでも仕事を効率化

2020 年、Haptik はハイブリッド型のオペレーションモデルに移行しました。これは Slack によって可能になった、大きな変革でした。

「従業員がハイブリッドモデルで働く場合、コラボレーションをどこからでも効率的に行えることが、生産性に直結します。当社では、それが Slack によってシームレスに実現されています」。

特に、ハドルミーティング(リアルタイムでのコラボレーションや共同制作が可能な仮想スペース)は、仕事を前進させるためのゲームチェンジャーとなりました。Haptik にとって、ハドルミーティングを使用することは、オフィスで誰かの肩をたたいて質問し、すぐに答えをもらえるようなものです。チームでミーティングのスケジュール調整に時間を費やす必要はなく、世間話で時間を無駄にする必要もありません。

例えば、リアルタイムで優先順位の高いタスクを完了する必要がある場合、Haptik チームではハドルミーティングで対応を整理します。

「ボタンをクリックするだけで、すぐに誰かとつながり、画面を共有できます」と Lulla 氏は言います。

「ありがたいことに、会議ソフトウェアに移動しなくても、ハドルミーティングはその場ですぐに始めることができます」。

顧客やパートナーとのコラボレーションを促進

外部パートナーとの連携が戦略の大きな障害となっていた時代は終わりました。Slack コネクトを使って外部とのコラボレーションをメールから Slack に移行したことで、Haptik は Slack で顧客やパートナーと仕事を進めることができるようになりました。

「会話型メッセージングサービスを提供する Haptik では、Slack コネクトが顧客やパートナーとのコミュニケーションの大部分を占めるようになりました」と Lulla 氏は言います。

Haptik の顧客は、Slack コネクトを利用して、Slack 上で進捗に関して質問したり、プロジェクトを承認したりできます。

Lulla 氏はこのように述べています。「この仕組みを発展させることにより、メールでのコミュニケーションと比較するとほんのわずかな時間で回答を提供できるようになりました。現在、社外とのコラボレーションの多くが Slack 上で進行しています」。

このようなコラボレーションは、Haptik の顧客サービス改善に役立つだけでなく、顧客関係の構築や強化にかかる時間の短縮にも役立っています。

「Slack コネクトは、情報のサイロを解消し、異なるチームがリアルタイムでコラボレーションするのに役立っています。仕事の効率がレベルアップしました」。

会話型メッセージングサービスを提供する Haptik では、Slack コネクトが顧客やパートナーとのコミュニケーションの大部分を占めるようになりました。この仕組みを発展させることにより、メールでのコミュニケーションと比較するとほんのわずかな時間で回答を提供できるようになりました。現在、社外とのコラボレーションの多くが Slack 上で進行しています。

Ajay Lulla 氏

会社での成功を祝う

ハイブリッド勤務をしている従業員を抱える企業に対し、Lulla 氏が推奨することの 1 つは、企業文化を育む場として Slack を位置づけることです。

「Slack には、組織全体で成功を祝福する文化を育てるうえですばらしい方法があります。Slack で何かを祝うことが定着すると、組織が 1 つにまとまります」と Lulla 氏は言います。

「Slack を利用することは、一度限りのアクションではなく、継続的な取り組みです。それは規模拡大を目指す組織にとって、最善の取り組みと言えるでしょう。Haptik にとって Slack は企業文化の中核になっており、成長に欠かせません」。