シェイプの集合

Slack を活用することでサービスの信頼性が向上

驚く速さでインシデントを発見、問題解決をスピードアップ、インシデントデータを 1 か所にキャプチャ

Slack でインシデント管理をすぐに効率化できます。

このプラットフォームはメンバー、データ、関連するレポートとアプリケーションを 1 か所にまとめて、エンジニアが仕事で最もプレッシャーのかかる瞬間にしっかり対応できるようサポートします。ややこしくこんがらがったメールの応酬や電話連絡網、ばらばらなアプリケーションを使わずにすべてに対応できます。それどころか、専用の Slack チャンネルが一元的なコマンドセンターとなり、インシデントの検出と封じ込め、その後の分析を 1 か所で行えます。

驚く速さでインシデントを発見

重要なアラートと通知を Slack チャンネルに自動的に投稿すれば、どんな小さな問題もさまざまな情報に埋もれることがなくなります。エンジニアが Slack でアラートを受け取ったら、すでにコードレビューとプルリクエストの調整は済んでいるので、コンテキストを収集して重要度を判断し、適切な人に簡単にエスカレーションできます。

  • 30 万ドル

    ダウンタイム 1 時間あたりに企業にかかる平均コスト*

  • 3 分の 1

    Slack 移行後の Vodafone での解決までの平均時間

Slack から直接インシデント管理ツールにアクセス

問題解決をスピードアップ

解決までの時間を短縮したいですか?すべてのツールとコミュニケーションを 1 か所にまとめれば、コンテキストの切り替えにかかる時間やそれによって集中が逸れることによるコストをなくせます。そうした切り替えが迅速な対応を妨げています。Slack を活用すると、インシデントが専用チャネルで評価されてトリアージされ、インシデントマネージャーが対象分野の専門の担当者をそのチャンネルに招き入れて、明確なアクションを割り当てることができます。それまでの間、新任のレスポンダーはチャンネルのトピックにざっと目を通してインシデントのステータスを確認し、これまでの調査の経過と意思決定をさかのぼってみることで、すぐに状況を把握できます。

Slack での PagerDuty アラート

21%

Slack を使ったことによるエンジニアリング関連のバグの特定と解決までの時間の短縮率**

“チームが問題に取り組むため Slack に集い、それまでのコミュニケーションすべてを時系列で確認できる点が非常に役立ちます。これは特に真夜中に発生した問題に対応する時に便利ですね。”

インシデントデータを 1 か所にキャプチャ

インシデント対応に複数のシステムを使っていると、データをまとめてレビューの準備をするのに時間がかかり、価値ある教訓をすぐに得ることができません。Slack を使ってインシデントを解決すると、インシデントチャンネルが、インシデントに関連する会話、意思決定、アクションがすべて詰まった情報源になります。グループの意思決定を全員で共有することで、次のことが簡単になります。

  1. インシデントレビューをすばやく整理する : レポートツールからの最新情報を含め、専用 Slack チャンネルのメッセージにはタイムスタンプが付いているので、客観的ですぐに参照できる監査証跡になります。
  2. 過去のインシデントの記録をすべて 1 か所で参照する : 同様のインシデントでこれまでに行った解決策を Slack で簡単に検索できるので、現在の問題に応用できます。
  3. サービスの品質と信頼性を向上させる : 過去のすべての会話が時系列でアーカイブされているので、それを使うと根本原因の分析、パターンの特定、新任 SRE の研修を効果的に行うことができます。

「これらのインシデントチャンネルを、私たちは事後検証の根拠として使用しています。履歴がすべて手元に残るので、思い出す必要がないことが最大の利点ですね」。

IBMExecutive IT SpecialistThomas Lawless 氏

開発者に Slack をご愛用いただいています

あらゆる規模、さまざまな業界の組織が、Slack を使ってコラボレーションしています。

Autodesk のロゴDeliveroo のロゴiress のロゴTarget のロゴTD Ameritrade のロゴ

この情報はお役に立ちましたか?

0/600

助かります!

ご意見ありがとうございました!

了解です!

ご意見ありがとうございました!

うーん、システムがなにか不具合を起こしてるみたいです。後でもう一度お試しください。