両手の指先が触れている状態でボールのバランスを取っている
ニュース

IDC MarketScape が Slack をリーダーに選出

Slack がコラボレーション/コミュニティアプリケーションのリーダーに選ばれた理由とは

Slack チーム一同作成2021年10月22日

2020 年は世界中で多くの企業が新たな働き方を素早く導入することを迫られました。こうした急速な変化を背景に存在感を増しつつあるのが、Digital HQ(会社を動かすデジタル中枢)です。このパラダイムシフトが起こる前から、コラボレーションアプリケーションは職場のコミュニケーションを加速する役割を担ってきました。そして今やそれは、職場そのものとなっています。とはいえ、すべてのコラボレーションアプリケーションが同じように作られているわけではありません。

コロナ禍が始まった頃、Slack は急増する需要に対応できる数少ないソリューションの 1 つでした。このことは、IDC MarketScape による最新のベンダー評価でも注目されています。同レポートでは、現在利用できるソリューションを総合的に評価した結果、Slack を主なコラボレーション / コミュニティプラットフォームベンダーのリーダーに選出しました。

IDC MarketScape :世界のコラボレーション/コミュニティアプリケーションベンダー評価(2021年)

IDC MarketScape による世界のコラボレーション/コミュニティアプリケーションベンダー評価(2021年)では、定量的および定性的な基準に基づく厳格な採点手法を用いて 12 社の製品を評価しています。上の図の縦軸であるケイパビリティスコアとは、ベンダーの製品、市場参入戦略、短期的なビジネス遂行力を評価する軸です。横軸の戦略スコアでは、3~5 年スパンで見た時にベンダーの戦略が顧客の要望に沿うかどうかが評価されます。

今回のレポートでは分析の結果、Slack が戦略とケイパビリティの両面においてリーダーとして位置づけられました。特に評価されたのは次の強みです。

  • 開発者コミュニティで幅広く導入されている実績
  • 多数のビジネスソフトウェアアプリケーションとのインテグレーション
  • ハドルミーティングクリップといった新たな音声・動画機能
  • 自社でのカスタマーサポートと顧客関係管理
  • セキュリティ、コンプライアンス、ガバナンス要件を満たすエンタープライズ向けプラン

IDC MarketScape では、テクノロジー製品の購買担当者がコラボレーションプラットフォームを選ぶ際、その機能のスピード、顧客コミュニティの活気、ユーザー体験のわかりやすさなど、さまざまな要素を考慮すべきだと提言しています。Slack は、そうしたあらゆる要素において現在利用できるソリューションのなかで最も優れた選択肢の 1 つだと言えるでしょう。

詳しい内容は、IDC MarketScape の抜粋を参照してください。

この記事はお役に立ちましたか?

0/600

助かります!

ご意見ありがとうございました!

了解です!

ご意見ありがとうございました!

うーん、システムがなにか不具合を起こしてるみたいです。後でもう一度お試しください。

読み進める

ニュース

Slack が Focus Fridays と Maker Weeks を導入

従業員を 9 時 5 時勤務から解放し、集中する時間を確保するためのプログラムが登場

コラボレーション

金融業界で不正なコミュニケーションを回避するには

メッセージのリスクを抑えるツールの条件は、使いやすく安全で快適に連携できること

変革

カスタマーサービスの専門家が明かす、顧客を不幸にしないための 3 つのステップ

顧客との約束を守り、カスタマーサービスを高める 3 つのステップ

ニュース

経営層と従業員の間でオフィス回帰について大きなズレがあることが判明

最新の Future Forum Pulse 調査でオフィス勤務に対する意識のズレが明らかに