最優秀 Slack 営業賞 : Splunk, Inc.

従来のアウトリーチの効果は弱まりつつあり、販売サイクルは長期化しています。この賞は、Slack コネクトを活用してビジネスの成長を加速しただけでなく、顧客を惹きつけて定着させた営業チームに贈られます。

今回 最優秀 Slack 営業賞が贈られたのは Splunk, Inc. です。同社はマシンデータを活用できる情報に変換するエキスパートであり、その顧客にはフォーチュン 100 社のうち 91 社が名を連ねます。今回は Slack を活用して商談を速やかに成立させ、多くの顧客に有用なデータを提供している点が評価されました。

コロナ禍で多くのビジネス運営がオンラインに移行するなか、Splunk とその Data-to-Everything プラットフォームの必要性が高まっています。Splunk ではその需要に応じるため、セールスエンジニアと専門家がチャンネルベースのコミュニケーションを使って連携し、有望な取引を獲得し、営業組織を成長させています。

Splunk で Global Vice President of IT Operations Analytics and Observability Sales を務める Quentin Packard 氏のもとには、顧客や見込み客と日常的に接する現場営業担当者が何百人もいます。彼のチームでは、顧客が Splunk 製品を使ってより多くのワークロード、アプリケーション、データをクラウドに移行できるようサポートしています。

Splunk の営業チームでは、コミュニケーションを整理して効率化するために Slack を活用しています。これにより、ペースの速い状況でも一丸となって顧客に対応できるようになりました。また Packard 氏のチームでは、部門をまたいで必要な情報を必要な時に見つけるために、Slack チャンネルのスレッドを活用しています。メンバーは、どのメッセージからでもスレッドを開始できるため、会話の流れを妨げることなく質問したり、コンテキストを追加したりできるほか、フィードバックの共有も可能です。

Kevin Pura 氏は、Splunk の Area Vice President of Global Sales Engineering で、世界中で拡大しているセールスエンジニアチームを率いています。彼のチームでは Slack コネクトによって、社外パートナー、顧客、ベンダーとの会話をすべて Slack チャンネルに移すことができました。顧客の多くはすでに Slack を使っており、チャンネル設定もスムーズでした。

「Splunk が顧客に選ばれる理由は、競合他社よりも素早く価値を提供できることに尽きます」と、 Pura 氏は話します。「その点において Slack コネクトは重要な役割を果たしています。顧客は Splunk のさまざまな部門のチームと 1 か所でやり取りでき、必要なメンバーを簡単に見つけられるからです」。