共有されているチャンネルとセキュリティアイコン、ロックつきハッシュタグ

Slack コネクトで社外との安全なコラボレーションを実現

企業のデータと情報のセキュリティを確保しながら、Slack でチームが外部のオーガナイゼーションと連携できます

従業員が外部の顧客やベンダー、パートナーと安全かつ生産的に仕事を進められるようにして、デジタル変革のペースに後れを取らずについていきましょう。

Slack コネクトは、社内外を問わず、一緒に働くすべての人に Slack のメリットをもたらす安全なコミュニケーション環境です。

Slack のエンタープライズ級のセキュリティ機能とコンプライアンス基準すべてが Slack コネクトにも適用されます。さらに、外部のオーガナイゼーションとやり取りする際に、データの安全性を確保できる機能が追加で組み込まれています。

 

なぜ重要か

ハイブリッドへの移行によりデジタル変革が加速

 

77%

2021 年の最優先事項としてデジタル変革を挙げた CIO

 

顧客とのやり取りのデジタル化がますます進行

 

75%

対面でのやり取りよりも、デジタルでのセルフサービスやリモートでのやり取りを好むと回答した購買担当者と営業担当者

 

テクノロジーが無秩序に拡大

 

2 倍

職場向けの新しいテクノロジーの実験数

 

コロナ禍の状況を悪用する攻撃者によって
サイバー脅威が急増

 

90%

フィッシングメールが原因のデータ漏えい

 

91,000 以上の組織が Slack コネクトを信頼

 

「Slack を導入する前は、コミュニケーションが課題でした。当社ではメールを使ったやり取りが多く、WhatsApp や Facebook グループなどのメッセージングツールも使用していました。こんな風にコミュニケーションツールの選択を従業員に任せていたことにより、セキュリティ上のリスクが大きくなっていました」

Chief Information Security and Trust OfficerTy Sbano 氏

 

Slack コネクトでできること

セキュリティ

信頼できるパートナーと安心して共同作業

絞り込む

見える化が向上&詳細なコントロールを設定

コンプライアンス

データポリシーとコンプライアンスポリシーを遵守

 

信頼できるパートナーと安心して共同作業

認証済みオーガナイゼーションへの卓越した安全なアクセスを確立

Slack では、オーガナイゼーションが Slack の有料プランを利用していることと、公開された事業を展開していることを確認して、その信頼性を認証します。

従業員への表示verify-senders-identity-1


ユーザーと管理者は、招待を承諾または承認する前に、オーガナイゼーションが認証済みであるかどうかを確認できます。

 

スパムや不要なメッセージを回避

Slack で自分にメッセージを送れる相手を決めるのは、常にユーザー自身です。

従業員への表示


ユーザーは、Slack でメッセージングを開始する前にリクエストを承認する必要があります。また、不要な招待メールはいつでも停止できます。

avoid-spam-and-unwanted-messages

 

外部とのつながりを明確に識別

チャンネルメンバーのアバターと便利なマークによって、従業員は送信ボタンを押す前に会話の相手がわかります。

  従業員への表示know-who

 

見える化が向上&詳細なコントロールを設定

 

チームが外部オーガナイゼーションとどのように連携しているかを把握

一元的なダッシュボードにより、従業員がつながっている相手や、つながりを開始したメンバー、それぞれのつながりの承認者を確認できます。

管理対象insight-on-team

 

 

重要なイベントを監視してログに記録

Slack の監査ログ API を使用すると、チャンネルでの重要なアクションを監視して、
以下に役立てることができます。

  •  システムへの不正アクセスを防ぐ
  •  不審な挙動を監視する
  •  コンプライアンスを維持する

管理対象
audit-logs

 

ファイルのアップロードをブロックしてデータ漏えいを防止

チャンネルやダイレクトメッセージでユーザーがファイルをアップロードする機能をブロックすることで、会社のデータをさらに保護できます。

従業員への表示block-file-uploads

 

Slack コネクトへのアクセスを管理・制御

Slack コネクトで送信、承諾、承認、管理できるメンバーを選択します。

従業員への表示manage-slack-connect

 

Enterprise Key Management のお客様はデータに対する制御と見える化がさらに強化

オーガナイゼーションから送信されるメッセージとファイルは、独自のキーを使用して暗号化されます。必要に応じて、データへのアクセスを無効にすることもできます。

管理対象enterprise-key-management

 

データポリシーとコンプライアンスポリシーを遵守

 

DLP サポートにより、情報漏えいを防止

業界をリードするクラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)ソリューションとデータ損失防止(DLP)ソリューションを使って、事前に定義されたポリシーに違反する Slack のメッセージやファイルがないかスキャンします。

管理対象nightfall-bot

 

カスタム保存により社内のデータポリシーに準拠

オーガナイゼーションのメンバーが送信したコンテンツにカスタム保存設定が適用されます。

従業員への表示custom-retention-settings

 

eDiscovery サポートにより重要なデータを自動的に取得してアーカイブ

Slack からメッセージやファイルを引き出し、その情報をサードパーティのデータウェアハウスに保存して、アーカイブ、開示、コンプライアンスへの対応を可能にします。

管理対象

slack-connect-security-image

         Slack のパートナーソリューションである Omna の eDiscovery ソリューション。

 

詳しくは、slack.com/trust にアクセスしてください。

脚注

  1. Source: Third-party DLP or CASB solution required (supported by Slack’s Discovery API)”
  2. Source: Third-party e-discovery solution required (supported by Slack’s Discovery API)

この情報はお役に立ちましたか?

0/600

助かります!

ご意見ありがとうございました!

了解です!

ご意見ありがとうございました!

うーん、システムがなにか不具合を起こしてるみたいです。後でもう一度お試しください。