新しいプロフィールの UI
ニュース

新しい Slack プロフィールで、ハイブリッドな働き方での連携を加速

同僚とつながり、連携し、インクルージョンを推進できる新しい方法をご紹介

Slack チーム一同作成2022年6月1日イラスト: Abbey Lossing

会議中に参加者を見て、「この人は誰だろう?」と思ったことはありませんか?新しいメンバーについてよく知らないまま一緒に仕事をしていると、つながりや人間味を感じられず、いかにも「仕事だけの付き合い」になってしまうかもしれません。

かつては会議前後にちょっとしたおしゃべりをすることが、ポジティブな人間関係づくりに一役買っていたものです。しかし、ハイブリッドワークやリモートワークが進む環境では、そうしたつながりの構築が難しく感じられるのではないでしょうか。

Slack は、誰もがどこにいても新しい同僚とつながり、適切なコラボレーション相手をすぐに見つけられるようなデジタル中枢になるべく力を注いできました。その一環として本日発表するのが、新しくなった Slack プロフィールです。ともに働く仲間の情報を簡単に確認でき、自分をさらに詳しく紹介できる新しいプロフィールにより、チームワークが高まり、誰もが職場でもっと自分らしくいられるようになるでしょう。

Maxwell Hayman

「新しくなったプロフィールでは同僚の人となりがわかるので、メンバー同士がさらにつながりを感じて、コラボレーションしやすくなります。それが最高の成果を導いていくはずです」

SlackDirector of ProductMaxwell Hayman

組織を簡単に把握できる Slack プロフィールの 5 つの特徴

新しくなった Slack プロフィールの機能

1. シンプルで充実したプロフィール UI

ユーザープロフィールが新しくなり、より充実した情報がすっきり見やすく表示されるようになりました。新しいプロフィールには「連絡先情報」「連携するメンバー」「自己紹介」の 3 つのモジュールがあります。

「連絡先情報」セクションに表示されるのは、その名のとおり自分の連絡先です。「連携するメンバー」では、誰と一緒に働いているのかを知らせることができます。「自己紹介」のセクションには、入社日や使える言語などのほか、ペットや誕生日といった楽しい情報もカスタマイズ可能なフィールドに追加できます。

情報を詰め込みすぎかも?と思っても、ご心配なく。プロフィールのレイアウトが最適化され、情報の階層がわかりやすくなっています。

Slack プロフィールの変更

2. 名前の正しい発音を表示

人の名前を正しく呼ぶことは大切です。正しい発音で呼ばれた相手は、敬意を示され、尊重され、認められたと感じるでしょう。それが組織全体でのインクルージョンや帰属意識の向上につながっていきます。そこで今回、名前の正しい発音を録音できる機能をすべてのユーザープロフィールに追加しました。

プロフィール画面で録音を聞けることにより、その人に会う前から名前の正しい発音がわかります。また、名前の発音や読み仮名を文字で追加することも可能です。

この機能は、6 月 1 日から Slack ユーザーの皆さまに順次展開されています。

Slack プロフィールの名前の発音

3. ホバーカードで情報をさっと確認

つながりをさらにスムーズにするために追加された機能が「ホバーカード」です。メンバーの名前の上にマウスポインタを合わせると、その人の写真とプロフィール概要が掲載されたカードが表示されます。カードをクリックすると、プロフィールの詳細が開きます。

またカードから直接、ハドルミーティング通話ダイレクトメッセージの開始も可能です。これでクリックする回数が減りますね。

この機能は、6 月 1 日から Slack ユーザーの皆さまに順次展開されています。

Slack プロフィールのホバーカード

4. フレキシブルテキストでつながりを強化

今年リリースされた「フレキシブルテキスト」により、Slack Atlas をご利用の皆さまのプロフィールフィールドで、5,000 半角文字までのリッチテキストがサポートされるようになりました。箇条書きや参照リンクなどを追加することにより、さらに詳しい経歴を記載して、自分をより深く表現できるようになっています。この拡張フィールドでは、特殊文字や改行、コードブロックはもちろん、絵文字も使えます。

プロフィールの内容は検索できるため、追加した情報によって、ほかのメンバーに自分を見つけてもらいやすくなるでしょう。

Slack プロフィールのテキスト

5. スマートタグで、探しているメンバーをすぐに発見

4 月 28 日に、Slack Atlas をご利用の皆さま向けに「スマートタグ」もリリースされました。組織内のメンバー全員のプロフィールが検索しやすくなる強力な新機能です。管理者はスマートタグのデータタイプを使って、タグに変換されるフィールドを作成でき、それによりメンバーは専門知識、重点分野、言語などのタグで検索や絞り込みを行えるようになります。

Slack のスマートタグ

たとえば、フランス語圏の顧客をサポートするために、フランス語を翻訳できるメンバーを探したい場合には、スマートタグで「フランス語」を検索し、メンバーの検索タブをクリックすれば、最適な人をすぐに見つけられます。または、プロフィールでスマートタグをクリックして、要件に当てはまる人をメンバーディレクトリに表示させることもできます。

Emily Guerin

「Slack Atlas は、リモートで働く新規採用者が仕事に慣れるのに役立つ機能です。これを使えば、メンバーや組織の構成、指揮系統を簡単に把握できます」

Flatiron HealthHead of CommunicationsEmily Guerin

Slack プロフィールの特徴について、ご理解いただけたでしょうか?さっそくプロフィールを編集して、同僚とのコラボレーションを加速させましょう。Slack のプランを Enterprise Grid にアップグレードすれば、Slack Atlas のすべての機能をご利用いただけます。

この記事はお役に立ちましたか?

0/600

助かります!

ご意見ありがとうございました!

了解です!

ご意見ありがとうございました!

うーん、システムがなにか不具合を起こしてるみたいです。後でもう一度お試しください。

読み進める

ニュース

自動化をレベルアップさせる、ワークフロービルダーの 65 の新しいコネクタが登場

コードを使わず数クリックで、ツールを連携させて作業を自動化。パートナーアプリとつながる新しい方法

コラボレーション

プロセスの自動化で生産性を向上――Salesforce マーケティングチームの取り組み

マーケティングキャンペーンの迅速な立ち上げに役立つワークフロー

コラボレーション

Slack ハドルミーティングの新機能 jukebox で待ち時間が快適に

保留中に流す楽しい音楽を選択して、チームメンバーが参加するまでの待ち時間を心地よく過ごすことが可能に

変革

Slack AI の開発秘話

Slack のプロダクト担当ディレクターがネイティブ AI ツールの開発の基本となる優先事項と価値について語ります。